美白効果のまとめ!化粧品から食べ物まで解説

健康的な小麦色の肌は程よい日焼けで手に入るものの、きめ細やかで透き通った白い肌を手に入れるにはさまざまなお手入れが必要です。
たとえば「美白」と銘打たれた化粧品を使ったり、美白に効果のある食品を摂取するように心がけたりしなければなりません。

では、具体的にどんな化粧品や食べ物が美白に良いのでしょうか。
そしてその効果についてもご紹介しましょう。

目次
* 化粧品の美白効果!効き目はあるの?
* 化粧品の美白効果が実感できるのはどれくらい?
* 美白効果がある食べ物ってある?
* 肌を作るタンパク質をしっかり摂ろう
* サプリメントなら効率よく栄養が摂れる

化粧品の美白効果!効き目はあるの?

「美白」というのは、色素沈着が少なく、光の反射量の多い肌の色のことを指します。

肌への色素沈着はメラニンという成分が起こすもので、そのメラニンは紫外線などの外的影響により生成されるのです。
いわゆる日焼けによる色素沈着については、日焼け止めを使うことで肌が直接紫外線に晒されないようにしたり、美白成分の入った化粧品でメラニンの生成を抑えたりすることによってある程度防ぐことができます。
もちろん、ニキビなどの炎症の痕といった色素沈着も美白用化粧品でケアすることができるのですが、これはあくまで「元に戻す」効果です。

美白できる化粧品とは、人それぞれが生まれ持った肌の色をそれよりも白くできるというものではありません。
外的要因などで色素沈着を起こした肌を元に戻す手助けをしてくれるものであって、一瞬にしてより白い肌になるものではないのです。

美白効果のある化粧品は、メラニン生成を抑制して色素沈着を予防したり、その部分をケアしたりすることで元々肌がもっていたキメを整え、肌に透明感を与えます。
肌はキメが整うことで透明感を増し、美しく白く見えるようになるのです。

つまり化粧品の美白効果とは、色素沈着の原因となるメラニンの抑制と肌のコンディションの調整ということになります。

化粧品の美白効果が実感できるのはどれくらい?

美白化粧品は使い始めてすぐに効果が出るものではありません。
それは肌のもつターンオーバーという新陳代謝機能があるからです。
ターンオーバーを促すために美白化粧品を使うと考えておくとよいでしょう。

では、どのくらいの期間で美白効果を実感できるようになるのでしょうか。
肌は大きく表皮・真皮・皮下組織の三層から成り、そのうち表皮でターンオーバーが起こります。
そして、表皮はさらに角質層・顆粒層・有棘層・基底層に分かれ、真皮層に近い基底層が新たな表皮の素を作り出しているのです。
それが押し上げられて角質層になっていくのがターンオーバーで、これは約28日周期だといわれています。

しかし、この周期で必ず肌がきれいになるわけではありません。
ターンオーバーがうまくいかないとシミやそばかす、くすみが残ってしまいます。

それを防ぐため、健全なターンオーバーを助ける役割を担うのが美白化粧品です。
そして、その効果は短期間で劇的に表れるわけではなく、最低でも3カ月ほどかかるものだと考えておいたほうが良いでしょう。

美白効果がある食べ物ってある?

化粧品は外側から肌に塗ることで効果を期待するものですが、もちろん内側から取り入れることも重要になってきます。

美白効果がある代表的な栄養素はビタミンC、ビタミンE、ベータカロテンです。

まず、ビタミンCにはメラニンのもととなるチロシナーゼの働きを阻む効果があります。
レモン・オレンジなどの柑橘類に多く含まれており、摂取しやすい栄養素のひとつと言えるでしょう。
ほかにもトマトやパプリカ、アセロラなどもビタミンCが豊富です。
注意点は水溶性のビタミンであるという点で、茹でたりせずに摂取しましょう。

次に、ビタミンEは血液循環を良くする効果があり、新陳代謝を促進します。
つまりターンオーバーの手助けをしてくれる栄養素です。
ナッツ類やアボカド、えごまに多く含まれています。
脂溶性のビタミンなので油とともに調理して食べると良いでしょう。

ベータカロテンは体内でビタミンAに変化する栄養素です。
にんじんやかぼちゃ、ブロッコリーに多く含まれています。
目の健康のために摂取したほうが良い栄養素として認識している人も多いかもしれません。
美白に関してはメラニンの沈着を防いだり、炎症を抑えたりする効果があります。

肌を作るタンパク質をしっかり摂ろう

ビタミン類の栄養素を摂ることも必要ですが、肌を作るにはタンパク質が不可欠です。

人間の体の大部分はタンパク質で形成されており、それが不足するとさまざまな不調があらわれます。
肌に関しても、タンパク質が不足するとターンオーバーが乱れて調子を崩してしまいかねません。

とりわけ、肌のターンオーバーに役立つL-システインは食べ物から直接摂取することはできず、タンパク質を多く含む肉や魚を食べることによって体内で生成されます。
特に、動物性タンパク質には20種類のアミノ酸が含まれており、人間が生きていくうえで必要なアミノ酸を効率よく摂取することができます。

また、タンパク質以外に亜鉛にも注目してみましょう。
タンパク質と同様に豚肉や牛肉にも亜鉛は含まれていますが、ほかに牡蠣も亜鉛を多く含む食品として知られています。
そのため、美しい肌を作るためにも、野菜類だけでなく肉や魚も積極的に摂ることが重要となるのです。

サプリメントなら効率よく栄養が摂れる

このように、さまざまな食品に美しい肌をつくるために必要な栄養素が含まれており、それらをバランスよく摂っていくことが美白を目指すのに必要となってきます。

しかし、それらの栄養素を十分に摂取するには、かなりの量を食べなければならないこともあるでしょう。
また、忙しい人には毎回こと細かに食事内容に気を配るのが難しいかもしれません。
とりわけ、亜鉛のような微量栄養素は食品から十分な量を摂ることが難しくもあります。

そんなときに役立つのがサプリメントです。
普段の食事にこの栄養素が足りていないかもしれないと感じたらサプリメントを摂ってみるのも良いでしょう。

 

AFAブルーグリーンアレジーとは