腎臓機能の対策5選!日常生活で行う改善方法

腎機能の低下は、むくみや頭痛、肩こりといったさまざまな症状を引き起こします。
健康のために、腎機能を改善する方法を知っておくことが大切です。

今回は、毎日の生活習慣で実践できる腎機能を改善する対策について解説していきます。

目次
* 【対策1】適度な運動をする
* 【対策2】しっかりと水分補給をする
* 【対策3】アルコールや喫煙は控える
* 【対策4】ストレスを避けて腎機能を改善する
* 【対策5】サプリメントを摂取する

【対策1】適度な運動をする

腎機能を改善するには、適度な運動を取り入れることが推奨されています。
運動によって血液の循環が良くなり、腎臓の働きを改善することができるからです。

以前までは、腎臓病患者や腎臓機能が弱っている人などは安静にすべきと考えられてきました。
しかし、適度な運動をすることによって、腎臓の働きが良くなるということが慢性腎臓病が進行した人たちを対象に行った実験によって実証されたのです。

その結果によれば、運動をまったくしなかったグループは腎臓の働きが徐々に低下していくのに対し、40分程度の有酸素運動を週3回行ったグループでは腎臓の働きが保たれさらに改善されたことがわかっています。

このことから、腎機能改善には、適度な運動は欠かすことができないという認識が定着したのです。

適度な運動を日常生活に取り入れるなら、ウォーキングなどの有酸素運動やスクワットなどの筋力トレーニングを行うのが効果的です。
有酸素運動であれば1日20〜60分、週に3〜5日が目安です。
筋力トレーニングは1セットを10回、1日3セットを目安に週2〜3日行うと良いでしょう。

【対策2】しっかりと水分補給をする

水分補給をして排尿を促せば、腎臓への負担を軽くすることができます。
十分な水分補給ができていないと、腎臓の血液量が減り、腎臓にある細胞がダメージを受け腎機能が低下してしまいます。
そのまま脱水症状が続いた場合、倦怠感、嘔吐、微熱、頭痛、めまいといった症状を引き起こし、最悪の場合死に至ることもあるのです。
水分不足は腎機能の低下を招くだけではなく、さまざまな症状や病気をもたらすことがあるため十分注意しなくてはなりません。

基本的に、水分補給は汗をかいたら水分を摂るというのでは不十分です。
腎臓病患者や腎機能が低下している人などは、汗をかかなくても意識的に水分補給を行うことが大切です。

一般的に、1日に必要な水分摂取量は体重1kgあたり50mlといわれていて、体重が50kgある人は1日2.5ℓ必要になります。
ただし、これはあくまでも目安であり、体内で生成される水分や食事で摂取する水分も考慮すると、必要量の約半分ほどを摂取する程度で十分です。

水分補給は、食事や運動時に摂ることはもちろんですが、起床後、就寝前など決まったタイミングで補給する習慣をつけることがポイントになります。

【対策3】アルコールや喫煙は控える

過度な飲酒や喫煙は、血管圧縮や血圧上昇を招く恐れがあるため控える必要があります。
アルコールは通常であれば、摂取すると血圧を一時的に下げる働きを持っていますが、長い間飲み続けるなどすると高血圧症のリスクが高まってしまうのです。

たとえば、1日にアルコールを30ml摂取すると、血圧は3mm上がることが認められています。
アルコール30mlは、日本酒であれば1合、ビールであれば大瓶1本、ワインであれば2杯ほどです。

アルコール摂取で血圧が上がる理由については、血管の収縮反応や交感神経の活発化、腎臓からミネラル分が失われることなどが原因として考えられています。

喫煙は、たばこに含まれるニコチンが交感神経系を刺激して血圧を上昇させ、血管収縮や血液凝固、動脈硬化といった疾患をもたらすといわれています。
飲酒や喫煙は腎臓に負担をかける要素が大きいため、避けることが大切です。

【対策4】ストレスを避けて腎機能を改善する

ストレスがたまると、交感神経の働きによって血管が収縮し血圧上昇につながります。

ストレスが一時的なものであれば健康に大きな影響をもたらすことはないですが、ストレスによって血圧上昇が頻繁に起こったり血圧が高いままの状態が続いたりすると体に良くありません。
最悪の場合、腎機能の低下を招くだけではなく、動脈硬化や心血管病のリスクも高まってしまいます。

そのため、腎機能改善には血圧をコントロールすることが大切になります。
血圧を正常値に保つためにも、適度にストレスを解消するようにしましょう。

ストレスには過労や人間関係などで感じる精神的ストレスと、痛みや睡眠不足などで感じる身体的ストレスの2つがあります。
腎機能を改善させるには、どちらのストレスも解消させることが重要になります。

質の良い睡眠をとったり十分な休息をとるなどして、ストレスを溜め込まないように心がけましょう。

【対策5】サプリメントを摂取する

腎臓に良いとされる有効成分が含まれたサプリメントを摂取することで、腎機能の改善につなげることができます。

腎臓に良いとされる代表的な成分は、アミノ酸の一種であるオルニチンやシトルリンです。
オルニチンは、アンモニアを解毒したり不純物をろ過する優れた働きを持っています。
積極的に摂取することで腎機能アップに期待が持てます。

シトルリンは体内で発生したアンモニアを無害にして体外へ排出する働きがあるため、腎臓の負担をやわらげることが可能です。
手軽に栄養補給ができるサプリメントを利用して、腎機能を正常化させましょう。

こちらの記事もおすすめ
↓↓↓↓↓↓
腎臓病対策に!効果的なサプリの選び方は

 

 

AFAブルーグリーンアレジーとは