花粉症の対処法は?体のだるさを解消!

花粉症ではさまざまな症状が出ますが、中でも体がだるいのは大変つらいものです。

そんなだるさは集中力にも影響してくることが多いため、すぐにでも何とか改善していきたいことでしょう。
花粉症のだるさは、正しい対処をすれば緩和させることが可能なのです。

目次
* 花粉症でだるくなってしまう症状
* 花粉症で体がだるくなる原因は
* 風邪の症状とは何が違う
* だるい花粉症を予防するための対策
* 花粉症がだるいときの治療法はある?

花粉症でだるくなってしまう症状

花粉症で体がだるくなってしまう理由には、いくつかの症状が考えられます。

まずは、微熱です。花粉症はアレルギー症状の一種なので、熱が出てしまうことがあります。
また、寒気によって体がだるいということも考えられます。
さらに、眠気や頭痛といった症状が、体のだるさを引き起こしている可能性もあるのです。

花粉症にはさまざまな症状があり、人それぞれで症状の出方が大きく違います。
そのため、さまざまな症状が理由で体がだるくなってしまいます。

しかし、どんな理由であれ、花粉症によって体がだるくなってしまう人は多いといえます。

花粉症で体がだるくなる原因は

花粉症で体がだるくなってしまう原因には、睡眠不足や体力の消耗が考えられます。

花粉症で鼻が詰まっていたりすると、どうしても夜寝苦しくなって睡眠不足になってしまいます。
ただでさえ、症状によって体力が消耗しているうえに睡眠不足となってしまうので、免疫機能の働きが低下してしまうという影響も出てきます。

また、鼻が詰まっていると口呼吸になってしまい、酸素を十分に体へ取り込めなくなってしまいます。
すると、全身の酸素が不足してしまい、体のさまざまな箇所で機能が低下してしまうことになります。
これが、体のだるさにつながってしまうのです。

風邪の症状とは何が違う

花粉症の症状は、身近な病気である風邪とよく似ています。
しかし、症状はそれぞれに少しずつ違いがあります。

そもそも、風邪はウイルスが原因で起こるのに対して、花粉症の場合は花粉というアレルゲンによって起こります。
また、花粉症のくしゃみは激しいのに対して、風邪のくしゃみはそれほどまで激しい訳ではありません。
そして、風邪の場合は発熱することが多いですが、花粉症は発熱がほとんどありません。

決定的となるのは、風邪の場合は目のかゆみが出ないということです。
症状だけでは、なかなか風邪なのか花粉症なのか判断しにくいこともあります。
そんなときは、こうした症状の違いに着目してみると良いでしょう。

だるい花粉症を予防するための対策

体がだるいと、どうしてもモチベーションまで下がってしまいがちです。
そんなだるい花粉症を予防するためには、日々の生活の中での対策が必要です。

第一の対策としては、十分な睡眠をとることにあります。
私たちは、睡眠によって心身の疲労を癒しています。
睡眠が十分にとれないと、体の免疫機能の低下や疲労がとりきれないことに繋がります。

人によって必要な睡眠時間は異なるので、6〜8時間を目安として自分に必要な睡眠時間を確保していきましょう。

そして花粉症の症状を予防するためには、マスクやメガネで花粉の侵入を防ぐことが大切です。
花粉が体内へ侵入してくる限り、花粉症の症状が出るのを避けることはできません。
そこで、なるべく花粉を取り込まない工夫が大事なのです。

また、体が健康であれば、症状が出ても悪化せずに済むことが多くなっています。
そのためには、食事のバランスに気をつけることもポイントです。
栄養バランスを考えて、栄養豊富な食事を1日3食しっかりとっていきましょう。

健康な体作りには、正しい生活習慣を意識することも欠かせません。
朝は早く起きて夜は早く寝るということだけでも意識できれば、生活習慣も変わってきます。
できれば食事の時間も同じような時間帯にすると、リズムの良い生活習慣が保てます。

最後に、無理に予定を詰め込まないことも花粉症によるだるさを予防するために重要なポイントです。
無理に予定を詰め込むと、ただでさえ体力を消耗している体に鞭を打つことになってしまいます。
すると、症状はどんどん悪化してしまい、だるさを助長させてしまうことにもなりかねません。

花粉症の時期は特に、無理のない範囲で予定を組むように意識していきましょう。

花粉症がだるいときの治療法はある?

花粉症で体がだるいときには、アレルギーを抑えるための薬で対応するのが一般的です。

しかし、薬は体質によってあまり効果がないこともあります。

さらに、薬の副作用で眠気が出てきてしまうこともあります。
そこで、日々の生活の中で栄養をたっぷり摂って花粉症に負けない健康な体作りを目指していくことが対策になってきます。

とはいえ、忙しい毎日で栄養バランスにまで気を遣って食事をしていくことは非常に大変です。
栄養に気を遣うあまり、それがかえってストレスになってしまうこともあるのです。

そんな、多忙な毎日の中で簡単に栄養を補うのならば、サプリメントがおすすめです。

サプリメントには、ビタミンやミネラル、必須アミノ酸を含む89種類もの栄養が詰まっています。
また、サプリメントならば効果的に栄養を消化できるので、効果を早い段階で実感することができるといわれています。

毎日の健康習慣にサプリメントをとりいれて、花粉症のだるさを軽減していきましょう。

AFAブルーグリーンアレジーとは