貧血の症状は藻(も)サプリメントで効果的に対策!

【対策4】サプリメントで中性脂肪を下げる

貧血の症状を効果的に対策できる!鉄分と89種の栄養素を含む、藻(も)サプリメントとは?

一般的な貧血の原因は「鉄分の不足」にあります。
鉄分不足は野菜を取り入れるなど、食事での改善法もありますがが、毎日続けるのは難しいため、効果的なのは、サプリメントを使った対策です。

そこで、手軽に貧血症状を対策できる、藻(も)のサプリメント「AFA」をご紹介します。

目次

  • 貧血の症状は食事でも改善できる
  • 貧血は藻 (も)サプリメントで対策が効果的
  • 貧血の原因・症状とは
  • 人体にとって欠かせない「鉄分」
  • 知らず知らずのうちに貧血になっているかも
  • サプリメントと薬の違い

・貧血の症状は食事でも改善できる

貧血の症状は食事でも改善できる

貧血の症状はやはり、食事で改善するのが最も確実でお手軽な方法になります。
ポイントは、鉄分を多く含んでいる食品をとるのと同時に、3食きちんと食べることです。

不規則な生活は様々な栄養素を無駄に消費してしまう原因になり、栄養不足のもとになる行動ですので、できるだけ規則正しい生活をして、3食きちんと食べることを心掛けてみてください。

そしてもちろん、バランスの良い食事が大切です。
食べる物が偏っていたり、1食だけ量が少ないなどでは、結局栄養不足を引き起こします。
ジャンクフードやカップラーメンのような、インスタント食品の量も減らして、体に負担にならないものを取るようにしましょう。

具体的にとりたい食材としては、野菜類はもちろん、お魚類、豆類、卵や乳製品です。
これらの食材を主菜、副菜に使って、主食に米やパン、麺物と言った炭水化物を入れて、3食とるのがおすすめです。

特に乳製品などの発酵食品は様々な栄養素をとってもお手軽にとれる優れた食品でありながら、非常に食べやすいものですので、とてもおすすめです。

バランスのいい食事で鉄分などの栄養素をまんべんなくとることが、貧血の解消や健康の維持、向上につながります。

ただ、こうした食事を毎日取るのは難しく、また全ての栄養素をしっかりとるのは時間的にも厳しいかもしれません。

そこで鉄分補給をはじめとする、貧血対策にサプリメントがおすすめです。

貧血は藻 (も)サプリメントで対策が効果的

とくに藻(も)スーパーフードの「AFA」葉酸や鉄分、ビタミンB12といった貧血対策の効果のあるものはもちろん、他のビタミンやミネラル類、アミノ酸まで89種類もの栄養成分を含んでいます。

続けて摂ると貧血対策のほかに健康や美容にも効くとして、近年注目を集めている栄養物質です。

また一般の野菜の吸収性がおよそ40%前後に対し、AFAは細胞壁を含まないため、吸収率が98%と驚くほど高いのが特徴です。
そのため、AFAの持つほとんどの栄養成分を無駄なく体の栄養にできてしまう、ということです。

さらには、青魚などに含まれるEPAやDHAと言った血液サラサラ成分も含んでいます。

鉄分を豊富に補給して貧血を解消しても、ドロドロとした血液だと結局栄養と酸素はいきわたり辛く、あまり効果は見込めません

AFAを摂ることで、貧血改善と合わせて、血液サラサラ効果が発揮されて、血行や新陳代謝の向上に役立つため、貧血対策をしながら、同時にキレイになれる効果があるのです。

貧血だけでなく健康と美容にも効くサプリメントをお探しなら、 AFAを検討してみてはいかがでしょうか。

>> 貧血対策に強力な効果がある89種の栄養素、藻(も)サプリメント「AFA」はこちら

貧血の原因・症状とは

貧血とは、具体的にはヘモグロビン不足の状態のことを指します。
ヘモグロビンが不足するということは、血中の酸素量が不足し、内臓にも必要な量の酸素が行き届かず、いわば酸欠のような状態になります。
この状態が貧血です。

ヘモグロビンは鉄分を含んだたんぱく質の一種で、赤血球としても知られる成分のことです。
体内の酸素が不足することから、息切れがしやすくなるとか、めまいと言った症状が現れ、血液の質が悪くなることから、顔色や唇の色などの部分に血色の悪さが見られるのも大きな特徴です。

貧血の症状が重度になると突然気を失って倒れる「失神」の症状も起こりえます。
失神を起こすほどの貧血状態であれば、指の爪が変色するだけではなく不自然にへこみ、反るような形に変形することもあります。

何かおかしいと感じたら、まずは貧血改善のための対策をしてみると、意外に効果がありますので、試してみてください。

人体にとって欠かせない「鉄分」

人体には生体金属というものが体内にあり、いくつかの金属を備えています。
鉄分はそのうちの一つで、量が最も多い成分になります。

男女問わず、一般的な成人で3グラム前後があることが理想とされており、体内にある鉄分の6割以上がヘモグロビンが持っています。
前項に記載したように、ヘモグロビンは赤血球の一つですが、具体的にはヘムというものが血液の赤い色素成分で、それにたんぱく質のグロビンという成分が合わさり、構成されています。

体内の各部位に酸素を供給するのはヘムの役割で、血液の最も重要な役割を担っていると考えてもおかしくありません。

体に取り込まれた鉄分は3割前後が肝臓にため込まれており、これを貯蔵鉄と言います。
出血などで体内の鉄分が不足した場合、この貯蔵鉄を使って再度ヘモグロビンを生成しますが、これが使い切られ、無くなることで貧血状態になります。

貯蔵鉄は肝臓以外にもありますが、その量は数%にしか過ぎず、あっという間に使い果たしてしまいます。
その状態が続くことで、先ほどのようなめまいや立ちくらみと言った症状になって表れます。

継続的に、こまめに補給して、貯蔵鉄に余裕を持たせることが大切ということです。

知らず知らずのうちに貧血になっているかも

ホウレンソウなどの野菜を食べて食事から摂取する、という対策法がありますが、実は食事から摂取した鉄分が、実際に体内に吸収され貯蔵鉄などになるのは、摂取した量のわずか1割から2割程度しかないといわれています。
それでも排出量は基本的にほぼ変わらないため、貯蔵鉄の量は慢性的に少ないのです。

基本的には状態でありながら、女性にとって毎月必ずやってくるのが「生理」です。
生理には個人差がありますが、一般的に「生理が重い」というような出血量が多いときは、失われる鉄分量が多いということでもあります。

貧血には「隠れ貧血」というものがあり、血液検査の数値では大丈夫でも実際には不足している状態があります。

女性は特に隠れ貧血になる可能性が高く、症状は貧血のものとほぼ同じなため、一般的な貧血の症状はもちろんですが、生理前のイライラや落ち込みが激しいなど、精神面での症状も貧血からきている可能性があります。
髪やお肌のツヤがどことなくないとか、爪が不自然に割れやすいなどもあります。

また、無性に氷を食べたくなる「氷食症」も貧血を起こしているサインになります。

サプリメントと薬の違い

貧血改善に効果的な市販薬も多く、また実際に病院でも処方されることが多いです。
薬は即効性が期待でき、急激な改善が見込めますが、その分強い吐き気などと言った副作用が現れる可能性もあります。

一方サプリメントはあくまでも栄養成分を補うためのものですので、急激な改善ができる可能性は低いですが、その分副作用の心配はほとんどないものでもあります。
軽い貧血でお悩みでしたら、薬ではなくサプリメントの使用を検討してみてください。

たとえば、手軽で効率的に貧血を改善できると話題の、藻(も)AFAサプリメントがオススメです。

AFAには葉酸や鉄分、ビタミンB12といった貧血に効果的な成分はもちろん、89種もの栄養成分を満遍なく含んでいます。

さらには、AFAは青魚などが含むDHAやEPAといった血液をサラサラにする成分も含んでおり、新陳代謝の向上に役立って、貧血の起こしにくい体質へと変えていくことができます。

健康できれいになりながら、貧血を改善したい方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

AFAブルーグリーンアレジーとは