貧血の辛さは藻(も)サプリメントで解消!

貧血の原因とは?立つのも辛い!

貧血の辛い症状を解消できる!89種の栄養素を含む、藻(も)のサプリメントとは?

女性が悩むトラブルに「貧血」があります。
貧血は悪化すると、立つのもできないくらい辛い時があります。
貧血は日常に大きな障害が起こるため、サプリメントなどで早めに解消したいものです。

そこで、辛い貧血症状を手軽に改善できる、藻(も)プリメント「AFA」をご紹介します。

目次

  • 貧血を改善するポイント
  • 貧血の辛さは藻(も)サプリメントで解消する
  • 立ちくらみが辛い!貧血の症状
  • 貧血になる原因とは?
  • 貧血の種類は他にも様々

女性に貧血が多いわけ

女性に貧血が多い理由は胎児の栄養や母乳に必要というのもありますが、やはり「生理」で失われる鉄分が非常に多いため、でもあります。

個人差はありますが生理が重い方は出血の量が多くなりやすく、より多くの鉄分を失いやすいとされています。

一般的に生理で失われる鉄分は、なんと1回で17ミリグラムほどとされており、これだけの量を毎月排出してしまうことになります。

さらに、女性特有の子宮のトラブルも生理の出血の多さにつながります。
例えば子宮内膜症や子宮ポリープ、子宮筋腫などの病から引き起こされている可能性があり、これらの治療をすることで出血量を正常に整えられる可能性があります。

これらの病気は生理痛の強さや出血の多さだけではなく、不妊の原因でもあるため、お子さんを授かりたいのであればすぐにでも婦人科などにかかってみてください。

そしてもちろん、女性ホルモンの乱れによって貧血が起こされていることも考えられます。
例えばエストロゲンは血管を拡張させて血行を促進する働きがありますが、この働きによって生理の出血量を増やしている可能性があります。

貧血を改善するポイント

貧血を改善するポイント

前項のような疾患による貧血であれば、すぐにでも治療を始めてください。
ただ、一般的には最初のような鉄分不足からの貧血が多いですので生活習慣の見直しで改善につながっていきます。

やはり、レバーや大豆などと言った鉄分を含む食事を心掛けることがおすすめです。
ポイントとしては1日3食、しっかりと食べることがとっても効果的です。

3食全てにレバーや大豆、ホウレンソウなどを添えるということは不要ですが、1日3食を食べるのは、健康的な生活を送る上で重要な役割を持つため、少しずつでも3食を食べる習慣をつけてみて下さい。

ただ朝はどうしても時間がなく、軽く済ませてしまうという方は手軽で効果的なサプリメントがおすすめです。

貧血の辛さは藻(も)サプリメントで解消する

たとえば、藻(も)の「AFA」は、鉄分や亜鉛に加えてビタミンやミネラル類89種類もの栄養素を豊富に含んでいるスーパーフードです。

貧血対策はもちろんのこと、健康や美容にも効くとして、近年注目を集めている栄養物質です。

また一般的な野菜の吸収性は約40%前後なのに対して、細胞壁を持たないAFAは、吸収性が98%と、とてつもなく高いのが特徴で、ほとんどの栄養を無駄なく体内へ取り込むことができます。

さらにAFAは青魚などに含まれる、血液をサラサラにする成分、EPAやDHAも豊富に含んでいます。

鉄分を補給して貧血を対策しても、血液がドロドロだと結果的に酸素と栄養がいきわたりにくく、ほとんど効果は見込めません

AFAを摂ることで、貧血改善と合わせて、血液のサラサラ効果があり、血行と新陳代謝の向上に役立つため、貧血対策をしつつ、同時にきれいになれるというわけです。

貧血だけでなく健康と美容にも効くサプリメントをお探しなら、 AFAを一度試してみてはいかがでしょうか。

>貧血対策と美容にも効く89種の栄養素、藻(も)サプリメントの驚くパワーとは?

立ちくらみが辛い!貧血の症状

貧血の症状としては立ち上がった時のふらつき、立ちくらみやめまいと言ったものが一般的です。
座った状態や寝た状態から立ち上がると、ふらっと意識が飛ぶようになるとか、頭がくらくらするなどは貧血の分かりやすいサインの一つです。

貧血の症状が重くなると、ふらっとバランスを失うどころか倒れこんでしまったり、目の前が真っ白くなることもあります。
これでは当然転倒による怪我のリスクが高まります。

こうした症状が起こる貧血は、正式に「鉄欠乏性貧血」と言います。
まさしく「鉄分が不足している状態」のことで、食生活の偏りなどで鉄分が補給されないために起こります。

このサインは前述のような症状以外にも、唇や爪の色がうっすら青白くなるのも貧血の可能性が高い現れです。

貧血になる原因とは?

貧血になる原因は、やはり前項にあるように鉄分不足が最も代表的な例です。
鉄分不足は食生活の乱れによるところが大きいです。
必要な分の鉄分をしっかりと取れていないと、上記のような症状が現れます。

しかし、女性は妊娠や授乳と言った働きが必要ですので、もしこれらの最中であれば、鉄分がより不足しやすい状態にあります。

子育てが落ち着く前の時期、日常的にこれらのことをしているタイミングであれば、たとえ鉄分を意識して補給していても、足りなくなることがあるのです。
さらには赤ちゃんの体作りにも鉄分は必要ですので、通常よりも多めに補給することがベストです。

特に、ダイエットで偏った食事が続いてしまい、鉄分が不足しているということもあります。
偏ることなくバランスよく、様々な栄養素を取ることを意識してみましょう。

また、睡眠不足も貧血の原因になります。
忙しくて睡眠時間がどうしても短くなるという方でも、できる限り睡眠時間を確保することがおすすめです。

寝る前にカフェインを取ることを控えたり、パソコンやスマホを触る時間を短くするだけでも効果はあります。

とはいえ食事や生活習慣をすぐに見直すのが難しい方は、手軽で効率的に貧血を改善できる、藻(も)サプリメントがおすすめです。

AFAには葉酸や鉄分、ビタミンB12といった貧血に効果のある成分はもちろんのこと、89種もの栄養を満遍なく含みます。

さらには、AFAは青魚などに含まれるDHAやEPAといった血液をサラサラ成分も含んでおり、新陳代謝をサポートして、貧血の発生しにくい体質へと変えていくことができます。

健康できれいになりながら、貧血を改善したい方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

89種の栄養素で体の中から貧血対策、藻(も)サプリメント「 AFA」はこちら
>>

貧血の種類は他にも様々

一般的には鉄分不足が貧血の大きな原因ですが、実は鉄分不足以外から貧血症状が出ている可能性があります。
例えば代表的なのが「二次性貧血(続発性貧血)」と「再生不良性貧血」です。

二次性貧血は鉄分不足から起きている貧血ではなく、感染症や悪性腫瘍などが鉄分を消費し、それから貧血の症状が出ているという状態のことです。

ですので主な症状はめまいや立ちくらみなど一般的な貧血と似ており、察知しにくいという特徴があります。

しかし、一度お医者さんに掛かれば、どういった疾患によって起きているのかということがすぐにわかるため、早めにお医者さんにかかるのがベストです。

再生不良性貧血は血液を構成する成分全てが体内から減少している状態のことです。

血液は赤血球と白血球、血小板によって構成されており、中でも白血球の中にある好中球は細菌などの感染症を防ぐ役割がありますが、この好中球が特に減少してしまい、発熱や鼻血などの出血の症状も現れるのが大きな特徴です。

難病の一つに指定されており、非常につらく厄介な種類の貧血になります。

AFAブルーグリーンアレジーとは