貧血は藻(も)サプリメントで撃退!

貧血の原因と症状は?フラフラして辛い貧血を撃退!

貧血を手軽に撃退できる!89種の栄養素を含む、いま話題の藻(も)サプリメントとは?!

貧血は重くなると、起きているのも辛いときがあります。
貧血は日常生活に重大な支障が出るため、サプリメントなどで早期に改善したいものです。

そこで、辛い貧血を手軽に改善できる注目のサプリメント、藻(も)「AFA」をご紹介します。

目次

  • 貧血は日常生活で予防できる!
  • 貧血は藻(も)サプリメントで撃退する
  • 一般的な貧血の症状!鉄欠乏性貧血とは
  • 貧血を引き起こす原因とは
  • 貧血を起こす疾患はこんなに!
  • 貧血気味のときの対処法はある?

貧血は日常生活で予防できる!

日常生活で予防できる!

疾患の疑いがない貧血であれば、毎日の生活習慣で予防することは可能です。

まず、食事で鉄分を摂ることを考えましょう。女性の場合、1日の鉄の摂取量は12mgが目安です。

10代は成長期なので、タンパク質や鉄分、ビタミンCを積極的に摂るようにしましょう。
この時期はほとんどの女性が生理を迎えるため、出血を考えて十分な鉄分を体内に蓄えることが重要になります。
レバーやヒジキ、ホウレン草などのほか、魚介類や乳製品、卵や大豆などは鉄分を多く含んでいます。
これらの食材を使った食事を、毎日3食きちんと食べましょう。

ただどうしても時間がなく、毎日食生活を改善するのが難しいという方は、サプリメントを活用するのがおすすめです。

貧血は藻(も)サプリメントで撃退する

とくに藻(も)スーパーフードの「AFA」は、鉄分や亜鉛にプラスして、ビタミンやミネラルなど89種類もの栄養素を含んでいるので、貧血はもちろんのこと、健康や美容にも効果があるとして、近年とても注目を集めている原料です。

また、一般の野菜の吸収性は約40%前後なのに比べ、細胞壁を持っていないAFAは、吸収性が98%と、ものすごく高いのが特徴です。

そのためAFAに配合されている、ほとんどの栄養を無理なく全て体へ吸収できるのです。

さらに青魚などに合有される、血液サラサラ成分、EPAやDHAも沢山含んでいます。

鉄分を補給して貧血改善をしても、血液の中がドロドロだと結果的に酸素と栄養がいきわたらず、ほとんど効果が無駄になってしまいます。

AFAを摂ると、貧血改善と合わせて、血液をサラサラにする効果があり、血行改善と新陳代謝の向上をサポートするため、貧血になりにくい体へ変えることができます。

貧血を改善をして、同時に健康にもなれるサプリメントをお探しの方は、 AFAを一度試してみては如何でしょうか。

89種の栄養素で貧血が起きない体へ!藻(も)「AFA」をくわしく見る >>

一般的な貧血の症状!鉄欠乏性貧血とは

一般的な貧血の症状には、全身の倦怠感、めまい、立ちくらみ、動悸や頭痛などがあります。
これは、血液中のヘモグロビンが減少することで起こるものです。
ヘモグロビンは、体内のすみずみまで酸素を運んでくれる働きをするもので、不足すると体の酸素不足を起こし、貧血の症状が表れます。

貧血は特に女性に多く、10人に1人の割合で発症するといわれています。

ヘモグロビンは、鉄分を含むタンパク質のことです。鉄分不足による貧血を「鉄欠乏性貧血」といいます。
「鉄欠乏性貧血」は、必要な鉄分を摂れていない場合に多く見られます。

ただし、「十二指腸潰瘍」や「胃潰瘍」などの疾患による出血が原因になっていることもあるので、吐血や下血などがあったらすぐに病院へ行きましょう。
疾患による出血があると、例え食事などで十分な鉄分を摂っていても、結果的に不足してしまいます。
しかし、それ以前に原因になっている疾患の進行を心配してください。

貧血を引き起こす原因とは

貧血の原因は、鉄分の不足や疾患による出血などがありますが、食生活の乱れが原因になっている場合もあります。

バランスのよい食事が摂れていない場合は注意が必要です。
特に朝食を抜いてしまうなど、3食きちんと食べていない人や、ダイエットを頻繁に行っている人は食事を考え直してみましょう。

実際には必要のないダイエットをしていないか、食べるものを極端に制限していないかなどをチェックしてみてください。

とはいえ食事や生活習慣をすぐに改善するのが難しい人は、手軽で効果的に貧血対策できる、藻(も)サプリメント「AFA」がおすすめです。

AFAには葉酸や鉄分と、ビタミンB12といった貧血に良い成分はもちろんのこと、89種もの栄養を満遍なく配合しています。

さらには、AFAは青魚などに含まれているDHAやEPAといった血液サラサラ成分も配合しており、新陳代謝の向上を助け、貧血が起こりにくい体質へと変えていくことができるのです。

健康でキレイになりながら、貧血を対策したい方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。


89種の栄養素で辛い貧血を撃退!藻(も)サプリメント「 AFA」はこちら >>

貧血を起こす疾患はこんなに!

貧血には、思わぬ疾患が隠れていることもあります。その主なものをまとめてみました。

「巨赤芽球性貧血」は、葉酸やビタミンB12などが不足することで起こる貧血です。
これらの栄養素が不足すると、血液を正常に作ることができません。
ただし、実はその裏に疾患が潜んでいることもあるので、慎重に様子を見るようにしましょう。
ガンが進行している場合や胃炎などによって、栄養素が吸収できていないことがあるからです。

葉酸やビタミンB12を摂取しているのに、倦怠感などのほかに、しびれや食欲不振などの症状があったら、医師に相談してみましょう。

「子宮筋腫」は、主に30代〜40代の女性に多く見られる疾患です。
子宮に腫瘍ができる疾患で、はじめのうちは自覚症状がほとんどありません。

その代わりに腫瘍が成長してくると、その分だけ生理痛がひどくなる傾向があります。
それによって生理が長引いたり出血量が増えたりするので、貧血の原因になりやすいのです。

腫瘍は良性のものが多いですが、不妊などの原因につながります。
生理痛がひどくなったと感じたときや、以前に比べて出血量が増えていくようなら、早めに産婦人科を受診してください。

「胃ガン」も初期は自覚症状があまりない疾患です。
しかし「胃ガン」は進行すると、次第に吐血や下血という症状が表れてきます。
この出血が貧血の原因になります。

吐血や下血に関係なく、食欲不振やみぞおちの膨満感があれば「胃ガン」を疑ってみたほうがいいかもしれません。

貧血気味のときの対処法はある?

貧血は日常生活を見直すだけでも解決できる場合もあります。

しかし、食事や習慣を変えても改善されないときには、何らかの疾患があることも考えてください。

貧血の症状が治らないなら、病院へ行ってみましょう。
特に吐血や下血などが見られたら、早めの受診をおすすめします。
どこを受診したらいいか分からないときには、内科で問題ありません。

女性の場合は、婦人科系の病気を抱えている場合もあります。
生理痛がひどくなっていないか、出血量は増えていないかなどに注意し、早めに受診しましょう。

AFAブルーグリーンアレジーとは