貧血対策の栄養は藻(も)サプリメントで摂ろう!

貧血を予防する食べ物は?貧血は食事がカギ!

貧血対策に必要な栄養素を手軽にとれる、藻(も)サプリメントが話題?!

貧血気味の人は、食事を工夫することで多少の予防はできますが、貧血が頻繁に起こる方や、そもそも毎日の食事を変えるのは難しいという人は、サプリメントを使った対策が便利です。

そこで、貧血対策に必要な栄養素を効率的に摂れる、89種の栄養素を含む、藻(も)のサプリメント「AFA」を紹介します。

目次

  • 貧血を予防するのに効果的な食材
  • ビタミン類の摂取も必要
  • 貧血は藻(も)サプリメントで対策
  • 色んな要因が!要因別の貧血症状
  • 症状を改善するには!食事内容の見直しを

貧血を予防するのに効果的な食材

貧血を予防するのに効果的な食材

貧血を予防する鍵は鉄分にあります。
鉄分を摂るには、鉄分を含む食べ物を摂る以外に、鉄分を吸収する食べ物や鉄分を血液に変える食べ物の摂取も重要なポイントです。

「鉄分を含む食べ物」には、レバーやプルーン、ブリ、枝豆などがあります。
小松菜やホウレン草、カキやシジミなどのほか、カツオやイワシからも鉄分が接種できます。

「鉄分の吸収を促進する食べ物」には、大豆やブロッコリー、カリフラワーなどです。
梅干しや柑橘類も吸収を促進してくれます。

「鉄分を血液に変える食べ物」なら、魚介類や豆類、玄米発酵食品などが効果的な食べ物です。

ビタミン類の摂取も必要

ビタミンを効率的に吸収し、そして健康な血液を作り出すには、ビタミン類も重要な役割を果たしてくれます。
直接鉄分を含んでいるわけではありませんが、食事のときに一緒に摂るように心がけましょう。

「ビタミンC」には、非ヘム鉄の吸収率を上げてくれる効果があります。
ビタミンCを含む野菜や果物のほか、リンゴ酢など果実酸を一緒に摂ると効果的に鉄分を吸収してくれます。

「ビタミンB12」と「葉酸」は、正常な赤血球を生成するうえで欠かせません。
「ビタミンB12」を多く含む食品には、 牛レバー、豚レバー、スジコやタラコなどを含む魚介類、貝類に卵黄、チーズなどがあります。

「葉酸」は青菜類に多く、モロヘイヤや枝豆、芽キャベツにホウレン草、パセリやブロッコリーなどです。

これまでご紹介をしたように、貧血は食事を見直すことで改善されることが多いと言えます。
1日3食をきちんと摂っていない人や食生活のバランスに問題がある人は、まずその改善から図ってみましょう。

しかし、十分な量を摂れない場合や、仕事や育児などの事情でなかなか理想的なタイミングに食事を摂れない人もいるかもしれません。

食事だけでは十分な栄養素を摂れないと感じたら、サプリメントの活用を考えるという方法もあります。

貧血は藻(も)サプリメントで対策

なかでも近年注目される藻(も)のサプリメント「AFA」がおすすめです。

AFAは葉酸と鉄分、それからビタミンB12といった貧血対策の効果のあるものはもちろん、他にもビタミン、ミネラル類、アミノ酸まで89種類もの栄養素を配合しています。

続けて摂ることにより貧血を改善するほかに健康や美容にも効果があるとして、話題を集めている栄養原料です。
また一般野菜の吸収率が約40%に対して、藻(も)は細胞壁を含んでおらず、吸収率がなんと98%と高い特徴があります
そのため、藻(も)の持つほとんどの栄養素を体の栄養にできるというメリットがあります。

さらに、青魚などに配合されるEPAやDHAと言った血液をサラサラにする成分も豊富に含んでいます。
鉄分をたくさん補給して貧血対策をしても、ドロドロとした血液では結果的に栄養と酸素は体へいき渡らず、ほぼ効果が見込めません

藻(も)を摂ることにより、貧血の対策と合わせて、血液をサラサラにする効果が働き、血行や新陳代謝の上げるため、貧血対策をすると同時に、きれいになれる効果が期待できます。

貧血はもちろん、健康と美容にも同時に効くサプリメントをお探しなら、 藻(も)サプリメントを検討してみてはいかがでしょうか。

貧血対策に強力な効果を発揮!89種の栄養素、藻(も)サプリメントはこちら >>

色んな要因が!要因別の貧血症状

貧血といってもその症状と原因にはさまざまなものがあります。

一般的な貧血の症状とは、顔色が黄色味を帯び、息切れや動悸などを伴います。
貧血は、女性の生理のような一時的な出血で起こる場合もあれば、疾患が原因になっているものもあるので、注意が必要です。

貧血を引き起こす主な疾患としては、まず「鉄欠乏症貧血」があります。
これは、鉄分不足によって起こる貧血です。
ダイエットなどによる無理な減量や生理に関連性が高く、女性に多いという特徴があります。

貧血のなかでは高い割合を占める疾患です。
めまいや息切れの他に、頭痛や倦怠感といった症状が主にあらわれます。
唇や爪の血色が悪くなるのも特徴のひとつです。

「再生不良性貧血」とは、赤血球と白血球、そして血小板に至るまで不足する疾患で、難病のひとつに入ります。

血小板が減少することで、止血しにくくなるという症状が出ます。
「再生不良性貧血」は、倦怠感や動悸、息切れといった一般的な貧血の症状だけでなく、感染症にかかりやすいという問題があります。

これは、白血球が不足することが原因です。

「悪性貧血(巨赤芽球性貧血)」は、葉酸やビタミンB12といった、血液を作るために必要な成分の不足によって起こります。

葉酸やビタミンB12不足の原因は、胃に関係しています。
手術で胃を切除している人や、胃炎などを起こしている人は十分な栄養素を吸収することができません。

それによって「悪性貧血(巨赤芽球性貧血)」を起こしやすくなるのです。

また、胃で吸収できていても、妊娠や末期ガンなどでビタミンが消費される場合も、起こる割合は高くなります。

「悪性貧血(巨赤芽球性貧血)」は、一般的な貧血の症状のほかに、知覚麻痺や食欲不振、足のしびれや下痢などをともなう場合があります。

「溶血性貧血」は、全体のおよそ17%が先天性の疾患です。
赤血球の破壊によって起こる貧血で、赤血球の寿命が通常より短いという特徴があります。

先天性のほかにも「自己免疫性溶血性貧血」など、さまざまな疾患が原因で起こる貧血です。

症状を改善するには!食事内容の見直しを

大きな疾患が隠れているような貧血や、新たな疾患につながるおそれのある貧血は、早めに医師に相談してください。

それ以外の貧血は食事で改善することが可能です。
一般的な貧血を起こしやすい人は、毎日の食事を見直すことから始めてみましょう。

食事の基本として欠かせないのは回数も含めたバランスです。
全粒粉のパンや麺類、玄米などを主食にし、主菜と副菜といった組み合わせで、必要な栄養素をまんべんなく摂ることを心がけてください。

バランスを考える以外に、貧血を起こしやすい体質につながる飲み物や食べ物を控えることも必要です。

食後のお茶やコーヒーは適量なら問題はありませんが、大量になるとタンニンと鉄分の結束を招きます。
これによって、鉄分を吸収しにくくなります。

牛乳や乳製品の過剰摂取も貧血を招きやすいので適量を考えて摂りましょう。

とはいえ食習慣をすぐに修正するのが難しい人は、手軽で効率的に貧血の対策ができる、藻(も)サプリメント「AFA」がおすすめです。

AFAなら89種もの栄養素を配合しており、貧血対策の栄養素をもれなく含んでいます。

さらには、AFAは青魚などが含んでいるDHAやEPAといった血液をサラサラにする成分も配合しており、新陳代謝を向上するのに役立って、貧血の発生しにくい体質へと変えることができます。

体の中から健康になって、貧血を対策したい人は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

>89種の栄養素でキレイになりながら貧血対策  藻(も)サプリメント「 AFA」がおすすめ

AFAブルーグリーンアレジーとは