頭痛は藻(も)サプリメントで根本から改善!

頭痛が起きない体になる、89種の栄養素を含む、藻(も)サプリメントとは?!

大事な予定があるのに頭痛があってつらい、多くの人がこのような経験をしたことがあるのではないでしょうか。
場所や時間に構わず襲ってくる頭痛は、生活に支障をきたすため、体の根本から改善をする必要があります。

そこで、頭痛を根本から改善できるとして注目される、藻(も)のサプリメント「AFA」をご紹介します。

目次

  • 頭痛に効果的だといわれる食事は?
  • 頭痛を対策できる飲み物って何?
  • 頭痛は藻(も)サプリメントで改善する
  • 頭痛を引き起こす可能性のある食事や飲み物
  • 頭痛を起こさないための食事の摂り方
  • サプリで食生活を補えば頭痛解決に繋がる

頭痛に効果のあるといわれる食事は?

頭痛は、脳の血管が拡張することにより付近の神経が圧迫され、痛みを生じることが主な要因であると考えられています。
よって、脳の血管の収縮を促進する食事が頭痛を緩和する作用があります。

例えばマグネシウムが配合されるひじき、きな粉、ブロッコリー、納豆、しらす、トマト、ブロッコリーなどの食品は、血管の収縮をコントロールすると同時に神経の過剰な活動性をおさえる作用をします。

特にトマトやすいかは水分が多く、血管のむくみを解決し、血流の対策にも効果を発揮すると考えられています。

また、抗酸化作用のあるクエン酸を配合するみかんや、血流の不足や肩こりや疲労の対策が期待できるビタミンB1を配合するアーモンドも積極的に摂ることがオススメの食材です。

脳の疲労のほか髪の毛や肌への美容効果も高い栄養成分、ビタミンB1が豊富なゴマも頭痛に効果的です。
多くの女性が喜ぶ効果が見込まれるビタミンB1ですが、通常の食事の5倍量ほどを食べないとこれらの効果は表面化しにくいことが欠点です。

その他、カルシウム不足からくる頭痛には、デザートや間食にヨーグルトを取り入れることで症状がやわらぐことが期待できます。

頭痛を対策できる飲み物って何?

頭痛が強く、食欲があまりないときでも、適度な飲み物の補給で和らぐ可能性があります。
最も手軽に取り入れられるのはやはり水です。

どこでも入手しやすい水ですが、血行を対策し、脳の血管を正しく戻す作用が期待できます。
ただ、冷たい水は脳を刺激して痛みを発症させることがあるため、できれば常温以上のぬるめの温度が良いとされています。

紅茶やコーヒーなど、カフェインを多量に含む飲み物は程よい血管収縮の作用があり、血管神経を圧迫して起こる頭痛に効果的といえます。

注意することとしては、飲みすぎに注意することが大切です。
カフェインを過剰に摂取することにより、血管が狭くなりすぎて血流が滞る要因となります。
また、栄養価の高い豆乳や牛乳もオススメです。

これらの飲み物には、トリプトファンと呼ばれる成分が多く配合されています。
頭痛の症状が発生している際にセロトニンという物質が低下していることが分かっており、セロトニンの材料となるトリプトファンを摂ることで、血管の緊張を調整する役割を持っているといわれています。

カルシウムも同時に摂ることができるため、効果が表面化されやすい飲み物であるといえます。
こうした食材をこまめに、毎日3食継続して食べることが、頭痛解消の一番の対処法になります。

ただ、毎日取るのは難しく、また満遍なくとるのは時間的にも難しいという人も多いかと思います。
そこでサプリメントによる頭痛対策がおすすめです。

頭痛は藻(も)サプリメントで改善する

なかでも藻(も)サプリの AFAは、トリプトファンやカルシウムと言った頭痛改善に効果的なものはもちろん、13種のビタミンや20種のミネラル類、アミノ酸まで89種類もの栄養素を含んでいます。

続けて摂取をすると頭痛対策のほかに美容や健康にも効果のある、近年注目を集めている物質です。さらには、AFAは青魚などに含まれるDHAやEPAと言った血液をサラサラにする栄養素も含んでいます。

トリプトファンを充分に補給して頭痛状態を解消しても、ドロドロとした血液なら結局栄養や酸素はいきわたりにくく、あまり改善は見込めません

AFAを摂取することで、頭痛対策と合わせて、血液をサラサラにし、血行改善や新陳代謝の向上に役立つため、頭痛の起きにくい体へと変えていくことができます。

頭痛の改善はもちろん、頭痛を根本から対策できるサプリメントをお探しなら、AFAを一度検討してみてはいかがでしょうか。

89種の栄養素で頭痛の起きない体へ 藻(も)サプリメント「AFA」はこちら >>

頭痛を発生させる可能性のある食事や飲み物

一方、頭痛を発生させる可能性のある食事や飲み物はどのようなものがあるのでしょうか。

急激に血管収縮させる作用があるチラシンという物質はなるべくなら避けたほうが良いといえます。

上記のとおり、程よい血管収縮は頭痛を緩和する効果を持っているのですが、チラシンは過剰にその作用が働くため、逆に血管膨張を起こして神経圧迫を発生させ、痛みが生じる可能性が持っています。
チラシンを豊富に配合している食材には、チョコレート、アルコール、燻製食品、チーズがあります。

サラミやハムなどの燻製食品は、多くの料理に使用されており、さらに血管がむくむ要因となる塩分が豊富に配合されているため注意を必要とします。

頭痛に悩む方は、これらの食材を過剰摂取していないかを確認してみると良いです。
頭痛の要因となる可能性があるといって一切食べないのでなく、少量ずつを減らして無理なく継続していくことがポイントです。

頭痛を発生させない食事の摂取方法

頭痛を解決する効果が期待できる食品は沢山あり、バランスの良い食事を心がけることが大切です。

主食、副菜、汁物といった基本の組み合わせを目標に、献立を考えることが大切です。

炭水化物を一切食さない、カロリーが低いある食材のみを継続して食べるなどの過剰ダイエットは、頭痛を発生させるだけでなく健康を阻害する非常に危険な行為です。

また、女性なら誰もが無関心でいれない貧血。貧血状態が継続する慢性的な頭痛に大きく関与しています。

バランスの良い食事は、貧血を改善するとともに頭痛を緩和する効果も期待されています。

サプリで食生活を補完すると頭痛解決に繋がる

誰もが一度は悩んだ経験のあるつらい頭痛。
身近な食品を積極的に活用することで解決できるなら、すぐにでも実践したいとこです。

しかし、実践してみると、毎日材料を買い揃えて調理をすることはかなり労力が必要です。
普段お仕事をしている方や子育てが多忙な方にとっては毎日継続することは困難です。

そこでオススメの方法が、サプリメントを活用すること。
ビタミンも豊富に含む藻(も)サプリメント「AFA」なら、頭痛の症状を和らげるのに役立つ食生活を手助けしてくれます。

AFAなら13種のビタミンのほか頭痛改善に効果的なトリプトファンが手軽に摂取することが可能です。

AFAは植物が持つ細胞壁がありません。一般の野菜の吸収性が40%に対して、AFAの吸収率98 %と高く、忙しい方でも効率よくバランスの良い栄養摂取を目指すことができます。

さらにAFAはDHAやEPAなど血液をサラサラにする成分も含んでおり、血行改善や新陳代謝の向上に役立つため、頭痛の起こりにくい体へ変えていくことができます。

AFAブルーグリーンアレジーとは