高血圧は藻(も)サプリメントで効果的に対策!

高血圧を効果的に対策できる!89種の栄養素を含む、藻(も)サプリメントとは?

血圧は日常のちょっとした習慣ですぐに上昇します。
運動不足や食習慣の偏りで起こる高血圧は、さまざまな病気の温床となるため、早めの対策が必要です。

そこで、高血圧を効果的に下げる、藻(も)のサプリメント「AFA」を、生活習慣の対策と合わせご紹介します。

目次

  • 高血圧の人は水分補給をしっかり
  • ウォーキングを日課に!適度な運動を心がける
  • 高血圧対策としてNGな運動とは
  • 高血圧は藻(も)サプリメントで手軽に下げる
  • 冬は温度差に注意!外に出るときは防寒をしっかり
  • 朝起きるときはゆっくりと!

高血圧の人は水分補給をしっかり

例えば汗をたくさんかいた時などは、水分不足になりがちです。
水分が不足すると、血液もドロドロになってしまいます。

血液がドロドロになると、心臓は血流を促そうと血をたくさん送るようになります。
すると、血管にかかる負担が大きくなり、血圧も大きく上昇してしまうのです。

しかも、水分を失ってドロドロになった血液は、血管に詰まって脳梗塞などを起こすおそれもあります。
それだけに、もともと高血圧な人にとって水分不足は禁物なのです。

とりわけ夏場はいつも以上に水分補給をこまめに行ってください。
汗をかいて失われた水分を放っておいても元に戻りません。
水分補給をしっかり行うことで、血液をいつもサラサラにしておけば、血管にかかる負担を軽減できるだけでなく、血管が詰まるというリスクも抑えることができます。

ただ、水分は摂りすぎても良くありません。
血液は水分量が多すぎても血管に負担を強いることになります。

水分補給をするときは、少量をこまめに摂取することを心がけましょう。

ウォーキングを日課に!適度な運動を心がける

高血圧の原因はさまざまです。
しかし、多かれ少なかれ、日々の生活習慣が血圧を高める引き金になっていることがあります。

たとえば、食生活が乱れていたり、不規則な生活習慣を送っていたりすると血圧も悪化してしまうようになります。
とりわけ運動不足は高血圧を招く大きな原因のひとつです。

運動不足は血液の流れを鈍らせ、血圧を上げることがわかっています。
そのため、適度な運動習慣を取り入れることが高血圧予防には効果的なのです。

ただ、血圧が高い人は、血液がドロドロしていて、血管が硬くなっている傾向にあります。
ですから、あまり激しい運動をしてしまうと、むしろ血圧を上昇させてしまうことがあるため注意しなければなりません。
散歩やウォーキングなど、少し早めの速度で歩く程度の運動が最適です。

適度な運動であれば、代謝も良くなり利尿作用もUPします。
高血圧の人は血液の水分量が多いので、適度な運動で排尿が活発になれば血圧を下げる効果も大きくなるでしょう。

ただ、目に見えて効果が出るまで、毎日食事や運動習慣を気をつけるのは難しいという人も多いと思います。

そこで手軽で効率的に栄養を摂取できる、サプリメントの活用がおすすめです。

高血圧を下げる栄養素は藻(も)サプリメントで摂る

なかでも近年注目の、藻(も)サプリメントの「AFA」は、高血圧の改善に効果的なビタミン、カルシウムやカリウムはもちろん、89種もの栄養素を含んでおり、手軽に十分な栄養素を補えます。

また「フィコシアニン」という、AFAのみが持っている独自成分は、血流の妨げとなる血栓ができることを防いで血液をサラサラにする役割を持っています。

さらにフィコシアニンは体内の老廃物を排除する、強力なデトックス効果があり、高血圧になりにくい体へ変える働きも持っています。

体の中から綺麗になって血圧を下げる! 89種類の栄養素を含む「AFA」の驚くパワーとは?

高血圧対策としてNGな運動とは

高血圧対策として効果的なのはウォーキングなどの有酸素運動です。
筋力トレーニングなどの無酸素運動は、運動中に血圧が上がって血管に負担がかかります。
重量挙げや腕立て伏せなど、呼吸を止めて行う系統の運動は、かえって血圧を高めるおそれがあるため控えてください。

また、有酸素運動でも激しい運動は避けたほうが賢明です。
身体がつらいと感じる高強度の運動は、血圧の著しい上昇を招きかねません。
身体がややきついと感じる程度の運動が高血圧対策として最適です。

ただ、普段はあまり運動をしない人が、いきなり運動を始めると身体にかかる負担が大きくなってしまいます。
これから運動習慣を取り入れようという場合は、まず日常の家事や駅までの徒歩通勤など、普段の生活行動のなかから徐々に活動量を増やしていくのがおすすめです。

少しずつ身体を順応させていき、身体が運動することに慣れてきたら、1日30分くらいを目安に適度な有酸素運動を生活に取り入れましょう。

冬は温度差に注意!外に出るときは防寒をしっかり

高血圧の人は、冬の温度差にも気を使いたいところです。

暖かい部屋から脱衣所や外など寒い場所に出るときは、温度差によって血圧が急激に上昇します。
暖かい部屋から寒い場所に出ると、熱を逃すまいとして血管は急に収縮します。
すると、血管が狭くなり、狭い血管の中を勢いよく血が通るため血圧が上昇してしまうのです。

こうした血圧の急上昇を防ぐためには、温度差の影響から身体を守ることが大切です。
特に冬場の入浴は血圧の上昇を招きやすいので、忘れずに対策を取っておきたいところです。
入浴前の脱衣所を暖めておき、身体が感じる温度差を最小限に抑えましょう。

また、入浴時はいきなり湯船に浸かるのではなく、足元からシャワーを当てて身体を少しずつ暖めてからお湯に浸かるようにしてください。
身体が冷えた状態から湯船に浸かると、体温が一気に上昇して血管への負担が急激に高まります。
ヒートショックなど、突然死の危険もあるのでくれぐれも気をつけましょう。

また、外に出るときも防寒対策を取っておくことが大切です。
帽子やマフラー、手袋をしっかり装着し、体温の急激な上げ下げを少しでも防いでください。

運動するために外に出る際も、まず室内で少し身体を動かして体温を上げてから外に出るようにしましょう。

朝起きるときはゆっくりと!

血圧は朝になると上がるのが普通です。高血圧の人は、目が覚めていきなり起き上がると、ただでさえ高い血圧がさらに急上昇してしまいます。
目が覚めて起き上がったら、立ち眩みがして倒れそうになった人もいるのではないでしょうか。

いきなり起き上がるのは危険ですから、目が覚めた後しばらくその場で静かにして頭がはっきりしてからゆっくり起き上がるようにしましょう。

また、冬場の朝は寒いので、急に起きると布団の中で暖まった身体との温度差も激しいものになります。
起きたらすぐに上着を羽織るなど、体温の変化を小さくする対策も忘れないようにしてください。

朝だけ高血圧になるという早朝高血圧という症状もあります。
早朝高血圧は、普通の高血圧と違って見逃されがちです。

いつもは血圧が安定している人でも、早朝高血圧の人は少なからずいます。
自分が早朝高血圧かどうか知るためにも、朝起きたら血圧を測定して調べるのがおすすめです。

早朝高血圧も心血管疾患と関連しているといわれています。
気づきにくい症状でもあるため、見逃さないようくれぐれも注意しておきましょう。

また日々の生活習慣の対策と合わせて、手軽に血圧を下げる栄養素がとれる、藻(も)サプリメント「AFA」もおすすめです。

AFAサプリなら、高血圧に効くビタミンやミネラルはもちろん、89種類もの栄養素を含み、高血圧を根っこから改善してくれます。

また、AFAの独自成分「フィコシアニン」が、体内の毒素を排出してくれ、血液をサラサラにして、高血圧になりにくい体へ変えてくれます。

体の中から綺麗になって、高血圧を効果的に対策したい人は、ぜひ「AFA」サプリメントを試してはいかがでしょうか。

 

AFAブルーグリーンアレジーとは