高血圧を下げる栄養素は藻(も)サプリメントでとる!

高血圧を下げる、89種類の栄養素が手軽にとれる、藻(も)サプリメントとは?

高血圧は日々の食生活の影響を大きく受けます。
食生活の偏りは血管に関するさまざまな病気との関連も深いため、まずは日々の栄養素のバランスを見直すことが大切です。

そこで、高血圧を効率的に下げられる、藻(も)のサプリメント「AFA」を、食事対策と合わせご紹介します。

目次

  • 高血圧を改善する栄養素のポイント1.カルシウムを摂取する
  • 高血圧を改善する栄養素のポイント2.カリウムとビタミンを摂る
  • 高血圧を下げる栄養素は藻(も)サプリメントで摂る
  • 高血圧を改善する食事のポイント1.減塩
  • 高血圧を改善する食事のポイント2.肉を魚に変える
  • 高血圧を改善する食事のポイント3.アルコールを控える

高血圧を改善する栄養素のポイント1.カルシウムを摂取する

カルシウムと高血圧はなかなか結び付かない組み合わせだと思われがちです。
しかし、カルシウムが不足すると高血圧を増長させることがわかっています。

普段、カルシウムは骨の中に貯蔵されています。
しかし、カルシウムが不足すると、不足を補うために骨の中のカルシウムが血中に流れるようになります。

その結果、カルシウムが不足しているにもかかわらず、血中のカルシウム濃度が上昇するという「カルシウム・パラドックス」という現象が起こります。
問題なのは、この現象が起こった後です。

血中のカルシウム濃度が上昇すると、血管壁に余分なカルシウムが吸収されます。
すると、血管壁は収縮し、血液の流れは悪くなります。
血流が悪くなれば、心臓はより強い力で血液を送らなければなりません。
そうなると、血管にかかる圧力、すなわち血圧も上昇してしまうというわけです。

このように、カルシウム不足は高血圧を招く原因になります。
高血圧を改善するためにも、なるべくカルシウムを摂取するようにしてください。

カルシウムは特にマグネシウムと一緒に摂取すると吸収率が良くなります。
牛乳や小魚など、カルシウムが豊富な食品を食べながら、マグネシウムが豊富な豆類や緑黄色野菜も一緒に摂ると良いでしょう。

高血圧を改善する栄養素のポイント2.カリウムとビタミンを摂る

カリウムには血中の余計なナトリウムを排出して血圧を正常にしてくれる働きがあります。
そのため、高血圧を改善のためには、カリウムを豊富に含んだ食材を食べることが大切です。

カリウムは特に野菜に多く含まれる栄養素です。
ブロッコリーやトマトなど、緑黄色野菜はカリウムを効率的に摂取できる食品です。
ただ、カリウムは水に晒しすぎると流出してしまいます。
緑黄色野菜を調理するときは、調理の仕方に気をつけるようにしましょう。

ほかにも、ビタミンCやビタミンEを含んだ野菜も高血圧の改善におすすめです。
ビタミンCやビタミンEには高い抗酸化作用があるといわれています。

血管が老化して硬くなると、血圧も高くなりがちになります。
ビタミンCやビタミンEを含んだ野菜を食べれば、血管の老化を防いで高血圧や動脈硬化を防ぐことにつながります。

ブロッコリーにもビタミンCは含まれていますし、パセリやアスパラガスなどもおすすめの野菜です。

ちなみに、野菜は食事の最初に食べるのがおすすめです。
カリウムなど、塩分を排出してくれる栄養素を最初に食べておくことで、後から塩分の高い物を食べても効率的に塩分の排出を促すことができるからです。

ただ、目に見えて効果が出るまで、毎日食事を気をつけるのは難しいという人も多いと思います。
そこで手軽で効率的に栄養を摂取できる、サプリメントの活用がおすすめです。

高血圧を下げる栄養素は藻(も)サプリメントで摂る

なかでも近年注目の、藻(も)サプリメントの「AFA」は、ビタミン、カルシウムやカリウムはもちろん、89種もの栄養素を含んでおり、手軽に十分な栄養素を補えます。

さらに、「フィコシアニン」という色素タンパク質は、AFAの独自成分で、血流の妨げとなる血栓ができることを防いで血液をサラサラにする役割を持っています。

さらにAFAは体内の老廃物を排除する、強力なデトックス効果があり、きれいになりながら高血圧を下げるという特徴があります。

>>体の中から綺麗になって血圧を下げる! 89種類の栄養素を含む「AFA」の驚くパワーとは?

高血圧を改善する食事のポイント1.減塩

高血圧を改善するためには、まず日々の食事に塩分が多すぎないかチェックしてみてください。

塩分は人間にとって不可欠な成分ですが、過剰な摂取は高血圧の原因になります。
普段の食事から減塩をするように心がけましょう。

たとえば、しょうゆや塩で味付けすることが多かったなら、なるべく別の調味料で代用するようにしてみてください。
ゴマやレモン、こしょうなど、塩分が多くなくてもしっかり味付けできる調味料はたくさんあります。

もちろん、日本の食卓にしょうゆは欠かせませんから、どうしてもしょうゆを使わなければならないときは、減塩しょうゆなどで塩分を抑える工夫をするのも良いでしょう。

また、出汁を取ってしょうゆや塩の量を減らすのも良い方法です。
十分に出汁を取って調理すれば、しょうゆや塩を入れなくてもしっかり味付けできます。

調理の仕方に工夫を凝らすだけでなく、食事の摂り方に気をつけることも大切です。
たとえば、ラーメンやうどんは、汁まで全部飲み干してしまうと、かなりの塩分を摂取することになります。
汁ものは、なるべく汁を飲み干さずに食べるようにしましょう。

高血圧を改善する食事のポイント2.肉を魚に変える

高血圧の改善のためには、肉中心の食生活を改めることも考えていくべきでしょう。

肉類には飽和脂肪酸が多く含まれています。
飽和脂肪酸は中性脂肪やコレステロールを増やすので、摂り過ぎると動脈硬化の症状を進行させてしまいます。
もちろん、高血圧にとっても肉類ばかりの食生活は良くありません。

高血圧を改善したいなら、魚を中心に献立を考えてみてください。
魚にはオメガ3脂肪酸という成分がたくさん含まれています。
このオメガ3脂肪酸は、不飽和脂肪酸と違って、血管を保護したり、中性脂肪を減らしたりする作用があるといわれています。

さらに、魚にはDHAやEPAといった成分も豊富です。
DHAやEPAは血液をサラサラにする働きがあるとされています。

魚は血管の健康にとってまさに最適の食材です。
メインのおかずが肉類中心なのであれば、献立を見直して魚をメインに切り替えてみると良いでしょう。

高血圧を改善する食事のポイント3.アルコールを控える

アルコールは健康にとって良くないものという認識が一般的です。

しかし、高血圧に関しては、お酒を飲み過ぎれば血圧は上昇しますが、少量のお酒であればむしろ血圧がわずかに下がることがわかっているのです。
多量の飲酒は間違いなく高血圧の原因になりますので、普段からお酒を飲み過ぎている人は、できるだけ飲酒を控えるようにするのが鉄則です。

ただし、アルコールをまったく飲まない人より、少量のお酒を飲む人の方が循環器病にかかるリスクが少ないともいわれています。
要するに、アルコールは少量なら良薬、多量なら毒になるということです。

参考までに、1日のアルコール摂取量は30mlまでが目安です。
この数値を意識して、たとえお酒を飲むとしても、飲み過ぎないよう注意しながら調節してください。

また日々の生活習慣の改善と合わせて、手軽に血圧を下げる栄養素がとれる、藻(も)サプリメント「AFA」もおすすめです。

藻(も)サプリメントの「AFA」なら、高血圧に効くビタミンやカルシウム、カリウムなどはもちろん、89種類もの栄養素を含み、高血圧を根本から改善できます。

AFAの独自成分「フィコシアニン」が、体内の毒素を排出してくれ、血液をサラサラにして高血圧になりにくい体へ変えてくれます

体の中からキレイになって高血圧を改善したい人は、ぜひ一度「AFA」サプリメントを活用してみてはいかがでしょうか。

AFAブルーグリーンアレジーとは