PMSのイライラは藻(も)サプリメントで対策!

PMS症状の原因と対策!イライラはなぜ?

PMSのイライラを対策できる藻(も)サプリメントが話題?!

生理前のイライラ、憂うつ感は典型のPMS症状で、悪化すると生活に支障をきたします。

食事や運動の対策法もありますが、毎日の生活習慣の改善は簡単ではありません。

そこで、89種もの栄養素を含み、PMSのイライラを手軽に対策できるとして、注目の藻(も)サプリメント「AFA」を見ていきます。

 

目次

・PMSって?

・PMSの原因とは

・生理前になぜイライラする・不安になるのか

・PMSのイライラに効果的なサプリメントと食べ物

・症状が辛い場合は迷わずに病院へ

・PMSって?

正式名称でPremenstrual Syndromeと言い、日本語で「月経前症候群」という呼び名で呼ばれています。

生理が開始される3日から10日前から、精神面と身体面の両方で生じる不調の総称で、例えば生理前のイライラや憂うつ感などがPMSとされています。
他にも原因不明の頭痛や腹痛といった痛み、肌荒れやかさつき、ふくらはぎやバストのむくみといったものもPMSの症状の一種とされています。

しかし、症状の程度は個人差があるため原因を特定しにくいことが、PMSがとても厄介と言われる理由です。

程度が軽い場合は生活習慣の改善で治っていくこともありますが、症状が重いと生理前になると日常生活を送るのが難しいほど強い痛みが出る、気力が出ないといったケースもあります。

・PMSの原因とは

PMSが起こるはっきりとした原因は、未だに明らかになっていません。
生理の直前ごろである「黄体期」にプロゲステロンという女性ホルモンの一種の分泌が急激に変化することでホルモンバランスが崩れ、様々な不調を引き起こしている、ということまでしか分かっていません。
そのことすらも確かとは言えないほど、不明確な部分が多いのがPMSです。

黄体期とは排卵を終えてから生理が始まるまでの2週間ほどの期間のことで、生理が終わったあとは徐々に引いていくのが特徴です。

PMSによって、イライラ感や不安感がおそってくると、一体いつまで続くのか全く見えないような気持ちになりますが、生理が終わるのにつれて引いていくことがほとんどです。

・生理前になぜイライラする・不安になるのか

PMSの症状でも特につらいのが、前項のようなイライラや不安感といった精神的な症状ですが、この症状は実際にPMSに悩まされる女性の大多数が経験しています。

その理由は自律神経のバランスを整える、エストロゲンという卵胞ホルモンの量が減り、精神的な落ち着きが得られにくくなるため、といえます。

卵胞ホルモンは女性らしい体を作るのに必要なホルモンですが、生理前はエストロゲンとプロゲステロンのバランスが激しく変化するため、エストロゲンの分泌量が減る時もあります。

そしてやはり、個々人の性格、考え方といったことも大きく影響します。
自分に厳しく、完ぺき主義の方などは、些細なホルモンバランスの変化で考え方などがより一層シビアに、鋭いものになりやすく、PMSの影響を受けやすいという傾向があります。

また環境の変化やストレスも大きくかかわっており、引っ越しや転職などはもちろん、例えばパートナーとの関係といった人間関係にまつわることも大いに影響します。

日ごろからかかっているストレスもPMSの症状を重くする一因で、日ごろから分単位で仕事を頑張るなど、緊張の糸を切らせないような生活だと、強く負担になりPMSの症状も比例して強く表れます。

ホルモンバランスによって起きていること、と意識して迎えて、ストレスなどをできる限り軽減させることで、PMSの緩和に役立ちます。

・PMSのイライラに効果的なサプリメントと食べ物

生理前には女性ホルモンの分泌量が急変するのと同時に、人間にとって大切な「幸福感」を司るセロトニンという脳内物質が減少します。

セロトニンが減少すると不安感やネガティブな思考の原因になるのと同時に、些細なことが強いストレスと感じられてしまい、生活を送る上で大きなダメージになります。

セロトニンの減少によるイライラ感もPMSの一種に該当します。
セロトニンを意識的に増やすためには、午前中に起きて日光を浴びることなどがおすすめですが、実は食品でも得ることができます。

それは必須アミノ酸の一種である「トリプトファン」やビタミンB6が含まれている食品です。
両方を含む食品としては赤身魚や肉類、大豆といったたんぱく質が補給できるものが代表例です。

栄養のバランスが取れた食事をとることが一番確実な対策ですが、一日の人間の体に必要な量は非常に多く、食事だけで得るのは難しいです。

そこでトリプトファン等の必須アミノ酸や、ビタミンB6等のビタミン類が含まれたサプリメントを食事に追加することで、簡単にそれらの栄養素を充分に補給できます。

ビタミンB6やトリプトファンとさらに、栄養素が89種類も配合?!体に嬉しいAFA・のサプリメントパワーとは?

・症状が辛い場合は迷わずに病院へ

・症状が辛い場合は迷わずに病院へ

生活習慣、食生活の見直しやサプリメントの活用などの対策がありますが、最初に書いたようにPMSの症状には個人差があります。
場合によっては日常生活を送るのが難しいほど症状が強い方もいます。
その場合には無理せずにすぐに病院に行って医師の診断を受けてください。

症状を和らげる漢方薬などもありますので、仕事などに影響のないように乗り切りたい、というときは状況に応じて病院に診てもらうことも検討してみてください。
絶対に休めないとか、ここは確実に無事に乗り越えたい、というような、いざというときに取っておくのも有効ですが、辛い場合は無理せずに早めに見てもらうのがおすすめです。

AFAブルーグリーンアレジーとは