PMSの眠気は藻(も)サプリメントが効く!?

PMSに効果的な藻(も)サプリメントが今話題!
PMSの症状にはさまざまありますが、中でも困る症状として、生理前の「急激な眠り」があります。

そこで、眠気はもちろん、89種の栄養素でPMSを手軽に対策できるとして、注目の藻(も)サプリメント「AFA」を紹介します。

 

目次
* PMSとはどんな症状?
* PMSが起きるメカニズムとは
* 生理前になると強い眠気に襲われるのはなぜ
* 質の高い睡眠をとることでPMS眠気対策に
* 日中の眠気を抑える対策方法は

PMSとはどんな症状?

PMSとはPremenstrual Syndromeの略であり、「月経前症候群」とも呼ばれています。
PMSの症状は生理がはじまる3〜10日ほど前にあり、身体の至るところで不調が生じるもので、症状には個人差があるのが特徴です。
ただし、PMSで起こる症状にはある程度の傾向があり、「精神的症状」と「身体的症状」の2つに大別することができます。

まず、「精神的症状」としては、イライラする、情緒不安定になる、怒りっぽくなる、落ち着きがなくなるなどが挙げられるでしょう。
次に、「身体的症状」には、乳房のハリ、肌荒れ、体重の増加、眠気、疲れやだるさ、腰痛などがあります。

これらの症状は人によって程度に差があることに加えて、月によっても異なるのです。
そのため、つらいPMSの症状で悩んでいる人は、症状を緩和するための対策を心得ておく必要があるといえるでしょう。

PMSが起きるメカニズムとは

PMSの症状が起こるのは、主に黄体期といわれています。
黄体期とは排卵期の翌日から生理前日までの期間のおよそ2週間のことを指しているのです。
なぜこの期間にPMSが起こるのかという詳細な原因については、実はまだ解明されていません。

しかし、黄体期には女性ホルモンの分泌が大きく変化することがわかっています。
具体的には、女性ホルモンの「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の分泌量が急激に変動します。
それにより、身体的、また精神的にさまざまな症状が引き起こされていると考えられているのです。

生理前になると強い眠気に襲われるのはなぜ

つらいPMSの症状として、非常に強い眠気を挙げる女性はたくさんいます。
生理前の強い眠気については「月経関連過眠症(月経前過眠症)」と呼ばれており、生理の開始とともに眠気が軽くなることが特徴です。
生理前の眠気自体は、女性の多くが感じます。
ただし、イライラや憂うつ、下腹部痛など、PMSの他の症状が強い人ほど月経前の眠気も強くなる傾向があると知っておきましょう。

また、生理前に強い眠気を感じるのには、明確な理由があります。
生理前に強い眠気が生じるのは、催眠効果のある「プロゲステロン」の分泌が多くなるためなのです。
特に、プロゲステロンが分解されてできる「アロプロゲステロン」という物質には強い催眠効果があるのです。
このアロプロゲステロンの催眠効果については、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬と同じ程度の強さがあります。

このような理由から、あまりにも生理前の眠気が強いときには体調の変化にも目を向け、生活を変えることも検討する必要があるでしょう。

質の高い睡眠をとることでPMS眠気対策に

 

PMSによる強い眠気を感じているのであれば、睡眠の質を見直してみることも大切です。
夜に質の高い睡眠をとることができると、PMSからくる日中のつらい眠気を緩和し、乗り越えることにも役立ちます。

まず、寝る直前にはスマホやテレビの画面は見ないようにしましょう。
スマホやテレビからは強い光が出ており、これが睡眠ホルモンの「メラトニン」を減らしてしまい、睡眠の質を下げるといわれています。

次に、お風呂は40度くらいのぬるま湯に浸かり、寝る1時間前にはお風呂から上がるようにしましょう。
湯船に浸かって身体を温めると血行が良くなるだけでなく、リラックス効果が得られます。

コリをほぐして血行を促すためにマッサージをしてみるのもおすすめです。
普段、シャワーのみの入浴で済ませている人は、湯船に浸かる習慣をつけましょう。

また、就寝3時間前には、食事を済ませておくこともポイントです。
食事をしたすぐ後は、胃や腸が活発に動いています。
食べ物を消化するには2〜3時間程度はかかるため、食事は早めに済ませておくと良いでしょう。

日中の眠気を抑える対策方法は

PMSの症状については、自分の意志とは関係なく起こります。
そのため、日中につらい眠気が襲ってきたときに簡単にできる対策方法を知っておき、実践して眠気を吹き飛ばしましょう。

まず、気分をすっきりさせるレモングラスやペパーミントなどのお茶を飲んでみることはおすすめです。
また、アロマを試してみるのも良いでしょう。

カフェインは摂りすぎると、むくみや血行不良などを引き起こし、PMS症状の悪化につながるおそれがあります。
そのため、コーヒーや緑茶などの摂取は控えると、PMS症状の緩和になるでしょう。

次に、眠気に効くツボを刺激してみるのもおすすめです。
具体的には、耳の後ろの骨の窪んだところにある「風池(ふうち)」や中指の爪の付け根にある「中衝(ちゅうしょう)」、親指と人差し指の骨の合わさるところの「合谷(ごうこく)」と呼ばれるツボを押してみると、眠気に効きます。
眠気がひどいときにはツボを刺激して、頭をすっきりとさせましょう。

日中の眠気を抑えるための方法は気軽に取り組めるものもたくさんありますから、自分に合ったものを取り入れることがポイントです。

さらに、・藻(も)のサプリメントには、ビタミンやミネラル、アミノ酸、DHA、EPAなどの栄養素が豊富に含まれています。
そのため、PMSのつらい症状に悩んでいる人がサプリメントを摂取すると、症状が和らぐ可能性があるのです。

生活習慣などを見直してもPMSの眠気が改善されないときには、サプリメントの摂取も検討してみると良いでしょう。

AFAブルーグリーンアレジーとは