PMSは藻(も)サプリメントで早期改善!

PMSは藻(も)サプリメントで早めに改善できるって本当?!

PMSの症状が長引くと、毎日の生活に支障をきたします。
女性の中には「いつまでPMS症状が続くの?」と不安に悩まされる人も多くいるでしょう。

そこで、89種もの栄養素を含み、PMSを早く改善できるサプリメントとして、注目の藻(も)サプリメント「AFA」をご紹介します。

  • PMSとは?
  • まずは生理周期について学ぼう
  • PMSは黄体期に見られるのが一般的
  • PMSとうまく付き合う方法…サプリメントで改善
  • PMSの期間があまりにも長い場合は受診を

PMSとは?

PMSとは、「月経前症候群」のことを指しており、生理前の急激なホルモンバランスの変化などが原因となって生じる体の不調のことをいいます。
ただし、PMSの詳細な原因についてはいまだに解明されていません。

PMSの症状は、精神的症状と身体的症状のふたつに分けられます。
まず、精神的症状としては、イライラや眠気、憂鬱な気分になる、情緒不安定になるなどが代表的な症状です。

一方、身体的症状には、肌荒れ、腹痛、胸のハリ、むくみ、肩こりなどが挙げられます。

これらの症状はすべてPMSの代表的な症状ではありますが、PMSの症状は実に200種類以上のものがあるといわれているのです。

また、症状の程度には個人差があります。
さらに、同じ人でも、月によって症状が異なる場合も多くあるため、PMS症状と上手く付き合っていく方法を知っておくことが大切といえるでしょう。

まずは生理周期について学ぼう

つらいPMS症状と上手く付き合っていくためには、生理周期について知っておくことが欠かせません。
各周期によって女性ホルモンの分泌が大きく異なることを心得ておきましょう。

生理の周期は、一般的に「月経期」・「卵胞期」・「排卵期」・「黄体期」の4つのリズムに分類できます。

まず、「月経期」とは、生理開始日からおよそ1週間の期間のことを指しているのです。
この期間は女性ホルモンの分泌が少ないという特徴があります。
月経期には、生理による腹痛や腰痛などが起こりやすくなることに加えて、貧血になる可能性もあるため、無理はしないようにしましょう。

次に、生理後から1週間は「卵胞期」と呼ばれており、エストロゲン(卵胞ホルモン)が多く分泌されています。
エストロゲンとは、女性らしさを作る卵胞ホルモンであるため、この時期の女性は精神的にも、身体的にも安定しているといえるでしょう。

また、「排卵期」は卵胞期後の1週間のことであり、エストロゲンが減少し、プロゲステロン(黄体ホルモン)が増える時期といわれています。
この時期は受精卵が着床しやすいように体を整えたり、基礎体温が上昇したりするなどの体の変化が見られるでしょう。

続いて、「黄体期」は排卵期後から生理までのおよそ2週間の期間のことをいいます。
黄体期ではプロゲステロンの分泌が盛んになることが特徴で、この時期に精神的・身体的な不調を感じる女性が多いといわれているのです。

PMSは黄体期に見られるのが一般的

PMSの症状が特に現れるのは、ホルモンバランスが急激に変化する黄体期といわれています。
そのため、生理がはじまる3〜10日前には、精神的・身体的な不調を訴える女性が多い傾向があるのです。

PMSについては、一般的に生理がはじまると症状がおさまる人が多いという特徴が見られます。
PMS症状が出る期間は、生理前のおよそ14日間と覚えておくと良いでしょう。

生理前のこの時期には、生活習慣を整えたり、ストレスを溜め込まないような生活を送ったりできるような工夫をすることがおすすめです。

 PMSとうまく付き合う方法…サプリメントで改善

生理とは長く付き合うから… PMSとうまく付き合う方法

女性は生理と長く付き合っていかなければならないため、つらいPMSの症状とも上手く付き合う方法を知っておくことが大切です。

PMS症状を緩和する方法には、いくつかのものが挙げられます。
具体的には、代謝や血行促進にかかわるビタミンやミネラルをしっかり補給する、質の高い睡眠をとるよう心がける、ストレスを上手く解消するために没頭できる趣味を見つけるなどの方法が有効といえるでしょう。

PMS症状が重い場合には、バランスのとれた食生活を送ることが欠かせません。
毎日、外食やファストフードなどばかりを食べている人は、ビタミン・ミネラルを意識的に摂取するようにしましょう。

また、「急に食生活を変えることは難しい」という人は、藻(も)サプリメントの「AFA」を摂取して必要な栄養素を補うと、PMSのつらい症状が軽減する可能性があります。

AFAサプリにはビタミンやミネラルなどの89種類もの栄養素が豊富に含まれているため、摂取を続けると美容や健康に効果を発揮してくれるのです。

続いて、質の高い睡眠をとるためには、湯船にゆっくりと浸かってリラックスをしたり、寝る前にテレビやスマートフォンの画面を見ないようにしたりするなどの工夫をすると良いでしょう。

さらに、ストレスを溜め込まないために、軽めの運動をする、音楽を聴くなどのリラックス方法も試してみることをおすすめします。

PMSと上手く付き合っていくためには他にも、PMSの期間は人付き合いや仕事は無理をしないように余裕を持つことや、周囲に精神的・身体的な不調があることを伝えておくことなども、場合によっては効果的といえるでしょう。

>PMS症状の軽減のためにも体に栄養バランスを。89種類の栄養成分サプリメント⇒

PMSの期間があまりにも長い場合は受診を

PMS症状が現れる期間は、黄体期が一般的です。
しかし、中には排卵日から生理スタート数日後など、長い期間PMSの不調に悩む人もいます。
症状が軽度で日常生活に支障がなければ特に問題はありませんが、症状が重い状態が長期間続くと、心身ともに大きな負担となるでしょう。

このような場合、医療機関を受診すれば漢方薬などを処方してもらえる可能性があるため、つらいときには我慢せずに専門医を受診するようにしましょう。

AFAブルーグリーンアレジーとは