PMSは藻(も)サプリメントで正しい対策を!

PMSの原因を究明!女性の悩みPMSとは?

PMSは藻(も)サプリメントが効率的に対策できると話題?!

たくさんの女性が「つらいPMS」症状に悩んでいる中、正しい対策ができていない場合も多くあります。

PMSはバランスの良い栄養素の補給が基本になりますが、毎日の食事で行うのは困難です。

そこで、89種もの栄養素を含み、PMSを効率的に対策できるとして、注目の藻(も)サプリメント「AFA」を紹介します。

目次
* 多くの女性が感じている生理前の不調
* PMSの原因はホルモンバランスの変化
* ストレスはPMSをさらに悪化させる大敵
* 運動不足が不調を招いているかも
* 栄養の偏りもPMSを引き起こす原因

多くの女性が感じている生理前の不調

生理中に体の不調を感じている女性はたくさんいます。
しかし、生理中に限らず、多くの女性が生理前にも身体的・精神的な不調(PMS)を感じているといわれているのです。

PMSは「生理前症候群」とも呼ばれており、症状を少しでも軽くするために適切なケアを行うことが大切といえるでしょう。

PMSの主な症状としてはさまざまなものがあります。
そのため、自分が自覚しているPMSの症状と照らし合わせてみましょう。

まず、身体的不調としては、肌荒れ、眠気、胸やお腹のハリ、腹痛、頭痛、吐き気などが挙げられます。
次に、精神的不調には、イライラや不安などがあるのです。

これらの症状には個人差があることから、PMSによる不調の原因を知っておき、つらいPMSの症状との付き合い方を心得ておくと良いでしょう。

PMSの原因はホルモンバランスの変化

PMSによる不調は、ホルモンバランスが変化することによって起こっています。

生理前に不調が生じるのは、生理前に「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌が減り、反対に「プロゲステロン」という女性ホルモンの分泌が増えるためと考えられているのです。

まず、「エストロゲン」は「卵胞ホルモン」とも呼ばれ、自律神経を安定させる、乳房や子宮を発達させて女性らしい体をつくることなどに作用します。

一方、「プロゲステロン」は「黄体ホルモン」と呼ばれており、妊娠中の状態を安定させる、子宮内膜の厚さを維持して着床しやすい状態にする、基礎体温を上げるなどの働きがあるものです。

PMS発症時期は生理前の黄体期と重複しているため、エストロゲンの分泌が増え、これが身体的、精神的なPMS特有の不調を引き起こしているのです。

ストレスはPMSをさらに悪化させる大敵

ストレスもPMSの症状を悪化させるといわれています。
例えば、睡眠不足や不規則な生活リズム、多忙などによるストレスは体に大きな負担をかけてしまうのです。
そのうえ、PMS特有のイライラとストレスが合わさってより不快な気分が増してしまい、PMSの症状をさらに悪化させる可能性があるといえるでしょう。
そのため、ストレスがPMSのつらい症状の原因となっているのであれば、ストレスを溜め込まないような生活を心がけることが大切です。

例えば、ウォーキングやストレッチなどの軽めの運動は、PMSのつらい症状を緩和するといわれています。

また、アロマや入浴などでリラックスしたり、音楽を聴いたりするなどもおすすめです。

特に、結婚や離婚、就職、転職、引越しなどの環境の変化は、多くの人にとってストレスとなります。
したがって、環境の変化があったときには、PMSの症状が重くなる可能性があるのです。

個人の性格や考え方などによっても大きく異なりますが、環境の変化が生じたときは特にストレスとの向き合い方について考える必要があるといえるでしょう。

運動不足が不調を招いているかも

運動不足が不調を招いているかも

現代人の多くがデスクワーク中心の生活を送っており、それによる体力不足が問題視されています。
運動不足は体力の低下を招くだけでなく、生活習慣病などの病気を引き起こす原因にもなり兼ねません。
そのため、現代人が意識的に毎日の生活に適度な運動を取り入れていくことは非常に重要なのです。

PMSのつらい症状で悩んでいる女性の場合、運動をすることで筋肉がつき、血流が促進されるというメリットがあります。
これは、PMSの諸症状を緩和するためには非常に効果的といわれています。

また、ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動を行うと、抗うつ効果が見られたという実験結果もあるのです。
適度な運動は気分転換の効果もあるため、PMS症状をやわらげてくれます。

ただし、体調が悪いときに無理な運動をする必要はありませんから、軽めの運動でリフレッシュすることがおすすめです。
例えば、ストレッチやウォーキング、ヨガなど、チャレンジしたいと思うものから気軽に取り組んでみることが大切です。

栄養の偏りもPMSを引き起こす原因

日本人の食生活が欧米化していることも、PMSを引き起こす原因と考えられています。
肉中心の高脂肪・高カロリーの食生活を送っているのであれば、今すぐに食生活を見直す必要があるといえるでしょう。

例えば、野菜や果物を十分に摂取していなければ、代謝や血流の促進に関わるビタミン・ミネラルが補給できず、結果としてつらいPMS症状を引き起こしている可能性があります。

また、糖分・カフェイン類の過剰摂取も避けた方が無難といえるでしょう。
チョコレートやケーキなどにはたくさんの糖分が含まれていることから、血糖値が急激に上昇し、その後急降下します。
イライラを防いで感情を安定させるなら、糖分・カフェインの摂取は極力控えて、バランスのとれた食生活を心がけましょう。

さらに、一般的にPMSや生理痛に悩んでいる女性が積極的に摂取したい栄養素として、EPA、ビタミン、鉄分などが挙げられます。

AFA・のサプリメントには、EPAやビタミン群、鉄分など89種類もの栄養素が豊富に含まれているのです。
毎日の食事のみで、PMSケアに必要な、あらゆる栄養素を不足なく摂取することは難しいため、栄養補給の意味でのサプリメントを使ってみると良いでしょう。

AFAブルーグリーンアレジーとは