PMSは藻(も)サプリメントで緩和しよう!

PMSに効く食べ物は?少しでも軽くしたい!

PMSを手軽に緩和できる藻(も)サプリメントとは?!

PMSは生理前症候群とも呼ばれており、生理前に多くの不快な症状がおこります。
この症状の期間が長引いた場合は、特に辛く悩む女性も多いのではないでしょうか。

そこで、89種もの栄養素を含み、PMSを手軽に緩和できると注目の、藻(も)サプリメント「AFA」をみていきましょう。

目次

  • PMSが起きるメカニズムとは
  • PMSを悪化させる食習慣…サプリメントで軽減
  • ビタミンB6はうつ症状に効果的!
  • カルシウムとビタミンDを一緒にとって
  • マグネシウムはイライラ対策にぴったり!

PMSが起きるメカニズムとは

PMSは生理がある女性なら、誰でも起こりうる可能性がある症状です。

PMSのメカニズムは、女性ホルモンの影響が大きくかかわっています。
卵胞ホルモンであるエストロゲン、黄体ホルモンであるプロゲステロンが分泌される時期が関係しています。

プロゲステロンが分泌される黄体期といわれる期間は、基礎体温を計ると少々高めになる時期に該当します。
また、黄体期に分泌されるプロゲステロンの影響により、低血糖症を発症しやすくなる傾向があるのです。
その結果、体や精神状態になんらかの不快な症状を伴ったPMSが起きることがわかっています。

PMSは生理が始まる3日前くらい、または長い場合には10日ほど前から症状を自覚するなど個人差があるでしょう。
生理が始まって数日経過するとPMSの症状は軽くなり、体や気持ちも楽になります。

具体的なPMSの症状としては、腹痛や頭痛、吐き気がする場合があります。
さらに、精神的に不安定になり、理由もなくイライラして感情のコントロールがきかなくなったり、不安な気持ちになったりすることがあるでしょう。

また、しっかり寝ているのに昼間に眠気がおさまらなくて困るという症状を経験する人もいます。

さらに、胸がはってくることもあれば、お腹の調子が便秘気味、下痢気味になることもあります。

PMSを悪化させる食習慣…サプリメントで軽減

PMSのさまざまな不快症状を緩和してくれる食品は、身近に手に入るので普段の食事に取り入れやすいのではないでしょうか。

一方、控えたほうがよい食品も存在します。
PMSをできるだけ悪化させないようにするためには、脂肪を多く含む食品や、コーヒー、アルコールの摂りすぎには注意したいところです。

塩分や糖分を多く含むスナック菓子などの過剰摂取も避けるようにしましょう。
むくみや血糖値が上昇する原因となり、PMSの症状を悪化させる可能性があります。

PMSによいとされる食品はたくさんありますが、手軽にサプリメントでPMSの症状を軽減する方法があります。

例えば、近年話題となっている、藻(も)サプリメントの「AFA」は、PMSに効くビタミンB群やEはもちろん、ビタミンやミネラルなど89種類もの栄養素を含み、PMS対策に必要な栄養素をこれ1つで摂れます。

特にAFAにしか配合されない「フィコシアニン」という天然成分は、体の毒素を吸い取って、体外へ排出する、驚くべきデトックス効果があり、PMSに伴う、生理に伴う不快症状、肌荒れを改善してくれることで注目されています。

またAFAはホルモンバランスを安定化しイライラを解消する、ごま成分で有名なセサミンと、大豆イソフラボンも豊富に配合しているため、PMSになりにくい体へと変えるサポートをしてくれます。

体の中からきれいになってPMSを対策!89種の栄養含む、藻(も)サプリ「AFA」のススメ >>

ビタミンB6はうつ症状に効果的!

ビタミンB6はうつ症状に効果的!

PMSの症状のひとつに精神的な不調があげられますが、さまざまな症状があります。
そのため、PMSが原因なのかどうか、よくわからないという人もいるのではないでしょうか。

ときには、PMSがうつ病の症状に似ていることから、もしかしてうつ病かもしれないと気になることがあるでしょう。
うつ病によく間違えられるPMSの症状としては、情緒不安定になり、イライラした気持ちが続いてしまう、不安な気持ちがおさまらない、などがあげられます。

さらに、体がだるく、重く感じて何もする気が起きない、頭痛がおさまらない、など体に不快な症状が確認されることもあります。

しかし、うつ病かもしれない、と不安になり心療内科で診察してもらっても、抗うつ剤などを処方されるだけで、一向に症状がよくならないことがあります。
その場合には、PMSが原因している可能性があるので、薬ではない方法で症状の改善を試みてみることも大切です。

まずは日常の食生活を見直しましょう。
うつ症状のような状態が続くようであれば、補うとよい栄養素はビタミンB6です。マグロやレバー、豚肉、ニンニクなどの食品に多く含まれています。
生理中に貧血気味になることがありますが、ビタミンB6は貧血対策にもなるでしょう。

さらに、セロトニンといわれるホルモンを増やしてくれるので、抗うつ効果が期待できるのでおすすめです。

うつ症状が、生理前にのみ強くでることが自覚できていれば、うつ病と混同する可能性は低くなるでしょう。
うつ病と自己判断せずに、まずは生理前の限られた時期に不快症状がでているときは、PMSを疑ってみましょう。

カルシウムとビタミンDを一緒にとって

PMSの症状は、人によって違うことがあります。
特に生理前にイライラしやすいというような精神的な不調がより強くなる、と自覚しているときには、カルシウムとビタミンDを摂取することをおすすめします。

カルシウムは牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品に多く含まれています。
生理前に情緒不安定になったり、感情的になったりするときには、イライラを抑えてくれる効果が期待できる栄養素です。

また、ビタミンDはサンマやシラス、イワシ、鮭などの魚に多く含まれており、カルシウムがより体内に吸収しやすくなるような働きをしてくれます。
そのため、カルシウムの効果を最大限に発揮させるためには、カルシウムとビタミンDを一緒に摂取するようなメニューを工夫してみるとよいでしょう。

マグネシウムはイライラ対策にぴったり!

さらに、イライラ対策におすすめな栄養素としてあげられるのが、マグネシウムです。
マグネシウムは、神経を鎮めてくれる効果が期待できます。

また、PMSの症状として、むくみやすかったり、頭痛がしたりというときにも症状を緩和してくれるでしょう。

マグネシウムを多く含む食品はアーモンド、カシューナッツ、ゴマなどのナッツ類です。
また、青のり、こんぶなどの海藻類にも含まれています。
さらに、大豆に多く含まれているので、きなこや豆腐などを上手に活用してみましょう。

しかし、毎日の食事を気をつけるのは難しいという問題もあるでしょう。
そういった時には、藻(も)サプリメントの「 AFA」がおすすめです。

特にAFAサプリには、上記であげたビタミンやマグネシウムなどはもちろんのこと、89種類もの栄養素が豊富に含まれています。

たとえば、AFAサプリに配合されるEPAという成分は、ホルモンのバランスを調整する効果が期待でき、貧血症状を対策する効能もあります。
さらに、EPAは生理に伴う不快な症状や痛みを和らげてくれるといわれています。

またAFAはホルモンバランスを安定化しイライラを解消する、、大豆イソフラボンやごま成分で有名なセサミンもバランスよく配合しているため、PMSを改善する栄養素をこれ1つでカバーできます。

89種の栄養素でPMS症状を手軽に緩和できる!藻(も)サプリ「AFA」のススメ >>

 

AFAブルーグリーンアレジーとは