PMSは藻(も)サプリメントで自己対策!

PMS症状は自分でチェック!簡単に判別する方法

PMSに効く藻(も)サプリメントなら自分で対策できる!?
生理前の体調不良や、気分の落ち込み、イライラがひどくなるのは、PMSが原因である可能性が高いといえます。

症状の緩和には、まずはPMS対策に必要な栄養素を補給してあげる大切でしょう。

そこで、89種もの栄養素を含みPMSをセルフ対策できる、近年注目の藻(も)サプリメント「AFA」を紹介します。

 

目次
* PMSとは?どんなメカニズムで生じる?
* これってPMS?すぐできるセルフチェック
* チェック項目の数ではなく度合いをしっかり見極めて
* PMS改善のために気を付けたい生活習慣〜サプリメントを活用
* 症状が重い場合は無理せず診察を受けて

PMSとは?どんなメカニズムで生じる?

PMSとはPremenstrual Syndromeという英語を略した言葉で、月経前症候群という意味です。
生理が始まる3〜10日前から始まり、頭痛やめまい、肌荒れ、下腹部や胸の張りや痛みなど、さまざまな症状があらわれます。

さらに、体の異変だけではなく、イライラや不安感、集中力の低下など、精神面にまで影響を及ぼします。

PMSが発症するのは、排卵から月経までの「黄体期」という時期です。
この期間は女性ホルモンの分泌量が激しく変動します。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンがあり、女性らしい体を作ったり、妊娠しやすい状態にしたりする働きがあります。
しかし、ホルモンバランスが崩れると、さまざまな現象を誘発します。

たとえば、体のむくみはPMSの代表的な症状です。
ホルモンの影響により体から水分を排出しにくくなり、体全体はだるくなったり、乳房や頭に水分が溜まることにより痛みを覚えたりすることがあります。

また、ホルモンの作用でセロトニンという脳内物質が減少し、気分がふさぎやすくなり、感情のコントロールが難しくなってしまうのです。

これってPMS?すぐできるセルフチェック

PMSの症状は200種類以上あるとも言われており、どのような症状があらわれるかは個人差があります。

しかし、大きく分ければ身体症状と精神症状の2種類に分かれるため、細かな症状をチェックしていけば、心の不調と体の不調のどちらが強くあらわれているのか自己診断できます。

自分のPMSの傾向がわかれば対策も立てやすくなるので、1度はチェックしてみることをおすすめします。

まず、PMSの身体症状で自覚しやすいのが、むくみや乳房のハリ、頭痛など、痛みやだるさをともなう症状です。

便秘もしくは下痢など、便通に異常が出る場合もあります。
強い眠気を感じたり、ニキビなどの肌荒れが起きやすくなるのも、PMSの可能性が高いです。

一方、精神症状は主にうつ状態やイライラとしてあらわれます。
普段なら気にならないような些細なことでひどく落ち込んだり、喧嘩しやすくなったりして、人間関係に支障をきたすような症状も多いです。

また、集中力が続かない、判断力が鈍くなるなど、仕事の効率が著しく下がることもあります。

チェック項目の数ではなく度合いをしっかり見極めて

上記の症状に1つでも当てはまれば、PMSの可能性があります。
ただし、多く当てはまるほど症状が重いとは限りません。
たとえ1つしか当てはまらなくても、日常生活に差し支えがある場合は、重度のPMSと判断して良いでしょう。

特に精神症状が重く、日常生活を送るのが難しいようであれば、PMDDである可能性も考えられます。
PMDDとは月経前不快気分障害と言い、PMSの重症型と位置づけられる症状です。
月経がある女性のおよそ50〜70%がPMSを発症しているなか、そのうちの約5%の方がPMDDに当てはまると言われています。

PMSと同様に、PMDDの場合も、普段は問題なく生活できます。
ところが、生理前になるとPMSよりも強い精神症状があらわれ、人が変わったように攻撃的になり、社会生活を送るのが困難になってしまうのです。
もしくは重度のうつ状態に陥り、自殺願望や自傷行為を引き起こしてしまう場合もあります。

PMDDが原因で家庭不和や離婚につながったり、転職や休職を余儀なくされたりするなど、重篤な症状があらわれるケースもあるのです。

このように、PMSは生活をおびやかすような症状に発展するおそれがあります。
しかし、複数の症状が当てはまっても、1つ1つが軽度であれば、生活習慣の見直しにより改善が可能です。

PMS改善のために気を付けたい生活習慣

PMS改善のために気を付けたい生活習慣

PMSの症状を軽くするためには、まずは基本的な生活習慣の改善に取りくみましょう。

栄養バランスが偏った食事や、塩分や糖分のとりすぎは、PMSの症状を重くしてしまいます。
なるべく代謝や血行を促すミネラルやビタミンなどの栄養素を多く摂るよう心がけましょう。

特に必要なのはイライラを緩和する作用があるカルシウムやマグネシウム、肌荒れの緩和が期待できるビタミンB群、女性ホルモンの働きをサポートしてくれる亜鉛などです。

これらの栄養素は日々の食事からも摂取できますが、効率よく取り入れたいのであれば、 藻(も)・AFAのサプリメントを活用するのも良いでしょう。
AFAにはPMSの緩和に効果的な栄養素が多数含まれています。

また、軽い有酸素運動も症状の緩和に効果的です。
PMSは強いストレスがかかるほど、症状が出やすくなる傾向があります。
ストレス解消のためにも、日常的に軽い運動を行いましょう。

嗜好品をたしなむ人は、摂取量をおさえるか、なるべく摂取を控えるべきです。
コーヒーやチョコレートなど、カフェインを多く含む食べ物やアルコールは、イライラや緊張感を高め、不眠などの症状を悪化させることがあります。

特にタバコは血行悪化やホルモンバランスの乱れを引き起こす要因になるので、せめて生理前だけでも禁煙することをおすすめします。
喫煙者ではない人も、家族に喫煙者がいる場合は受動喫煙に気をつけましょう。

>効率よく栄養を体に摂りいれたいなら、藻(も)・AFAサプリメントで

症状が重い場合は無理せず診察を受けて

PMSは月経のある女性なら誰にでも起こりうる症状ですが、個人差が大きく、症状の種類も重さもさまざまです。
PMSだと思って放っておいたら、別の病気だったという可能性も十分にあります。

生活習慣を見直すだけでは改善しないほど症状が重い場合は、無理をせず病院へ行き、適切な治療を受けましょう。

AFAブルーグリーンアレジーとは