PMS症状は藻(も)サプリメントで改善!

PMS症状が藻(も)のサプリメントで改善できると話題?!

毎月女性におとずれる生理前に、イライラや憂鬱などがおこる人が多く、本人には深刻な問題です。
この症状は「PMS」と呼ばれ、食生活の対策が必要ですが、毎日の食事を気をつけるのは簡単ではありません。

そこで、89種もの栄養素を含み、PMS症状を手軽に改善できるとして、注目の藻(も)サプリメント「AFA」を見ていきます。

目次
* PMSっていったい何?
* PMSが起きる理由とは
* PMSにはさまざまな症状が!
* 性格や環境によってPMS症状が悪化することも
* PMS緩和のために試したい対策

PMSっていったい何?

女性の体は女性ホルモンの影響を受け、生理、卵胞期、排卵期、黄体期、そしてまた生理という周期を毎月繰り返しています。

生理の約2週間前にあたる黄体期は、基礎体温が上がり女性ホルモンの影響で心と体が不安定になりやすい時期です。
この時期には人によってさまざまな不調を感じることがあり、これを「PMS(Premenstrual Syndrome)」、日本語では「月経前症候群」と呼びます。

PMSの期間や始まるタイミングには個人差がありますが、一般的に生理の3日前から2週間前くらいに起こる人が多いようです。

PMSはいわゆる生理痛とは異なり、生理が始まると症状が軽くなったり消えたりすることがほとんどです。

PMSが起きる理由とは

PMSが起こる原因には、2つの女性ホルモンの働きが大きく関係しています。

生理前の黄体期には、妊娠を助けるホルモンと言われる「黄体ホルモン(プロゲステロン)」が分泌されます。
黄体ホルモンは、体内の水分代謝や脳内物質の一種であるGABAの分泌に影響することが分かっており、体や心が不安定になりやすいと考えられています。

また、生理後の卵胞期に分泌される「卵胞ホルモン(エストロゲン)」は、排卵後にその分泌が急激に減り、その影響で脳内物質のセロトニンも減少することが分かっています。
セロトニンは喜びを感じる物質として知られており、PMSの時期にはセロトニンが減少することによって、うつ症状やネガティブな感情が引き起こされやすいのです。

PMSの人の特徴として、ビタミンやミネラルなどの微量栄養素が欠乏していることも挙げられます。
普段から野菜や果物などをあまり食べない人は注意が必要です。

PMSにはさまざまな症状が!

生理前になるとイライラしたり憂鬱になったりといった症状に悩む人もいるでしょう。

実はこれらはPMSの症状の一例と考えられています。
PMSの症状は、体と心の両方に現れる可能性があります。
たとえば、身体症状としては、むくみや乳房のハリや痛み、頭痛、腹痛、便秘や下痢、眠気などが挙げられます。
中には生理前になると、肌荒れやニキビに悩む人もいます。

また、生理前には血糖値を下げるホルモンのインスリン分泌が低下し、血糖値が上がりやすくなるため、PMSの症状の一つとして、普段よりも甘いものを食べたい衝動にかられる人が多いようです。

一方、心の症状としては、イライラする、興奮する、無気力になる、不安になるなどが挙げられます。
いわゆるうつ状態になることが多く、やる気が起きない、集中力が続かない、仕事の能率が低下するなど、仕事にも悪影響を及ぼします。

人それぞれ体質やその日の体調などが異なるため、繊細な女性ホルモンは人によってさまざまな症状を引き起こすと考えられています。

性格や環境によってPMS症状が悪化することも

性格や環境によってPMS症状が悪化することも

実は、PMSは生活環境や性格などによっても症状が悪化することが分かっています。
PMSの時期には脳内でセロトニンが減少するため、普段よりもストレスに弱くなっている状態です。
この時に過度のストレスや緊張、疲労が溜まると、症状が強く現れてしまうので気をつけましょう。

結婚や離婚、就職、転職、夫の家族との同居など、生活環境の変化も症状の悪化につながります。

また、もともと性格的に几帳面、ちょっとしたことで悩みがち、小さいことが気になるという人も注意が必要です。
言いたいことが言えずに我慢ばかりしていると、ストレスが溜まってしまい、症状が重くなってしまいます。

PMSの悪化には精神状態だけでなく、食生活も大きく関わっています。
たとえば、コーヒーやアルコールなど刺激の強い飲み物を普段から多く飲んでいる人は、PMSの症状が出やすい傾向にあります。
ビタミンやミネラルの減少も影響するので、不規則で偏った食生活を送っている人は気をつけましょう。

PMS緩和のために試したい対策

辛いPMSの症状はそのままにせず、症状を軽くする対策を実践しましょう。

生理前にはなるべく刺激物の摂取を控えるようにします。
コーヒーやアルコールの摂りすぎは、むくみやイライラ、緊張感を増幅してしまいます。
なるべく温かい白湯やハーブティーなど刺激の少ないものを選びましょう。

また、ビタミンやミネラルを多く含む野菜や果物を積極的に摂取し、バランスの良い食生活を送ることも重要です。

PMS症状の緩和には軽い運動も効果的です。
特に、ストレッチやヨガ、散歩などの軽い運動は体に負担がかからず、いい気分転換ができます。

お風呂が好きな人は、温かい湯船にゆっくりと浸かってストレスを発散させましょう。
ポイントは自分が心地よいと感じることを行うことです。

さらに、PMS改善に効果的なAFA・のサプリメントもおすすめです。

とは体内に89種類もの栄養素を蓄えた微生物のことで、その健康効果が注目されています。

特に、含有されるγ(ガンマ)-リノレン酸は、ホルモンの分泌を正常化したり、細胞組織の働きを高めたりする「プロスタブランジンE1」という物質を作り出すため、PMS症状の改善に期待できるサプリメントです。

 

AFAブルーグリーンアレジーとは